自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹塚映像フェスティバル プログラムBの感想(後編)

Category: 上映会・作品感想  
昨日の続き。

昨日と同じくネタバレ、オチバレありありですので、ご注意ください。









俺、悪人でええねん。
スポンサーサイト
テーマ : 自主製作映画    ジャンル : 映画

笹塚映像フェスティバル プログラムBの感想(前編)

Category: 上映会・作品感想  
ここんところ珍しく自主映画が続いている。
と言っても見る方ばかりだけど。
で先々週は本上映前の試写会ということで関係者ばかりのイベントだったから置いといて

土曜日はお世話になってまだお返しをしていない「エビ天監督」岩崎友彦監督の作品がかけられる上映会イベントにお誘いを頂いたので
笹塚に出かけた。

その名も


「笹塚映像フェスティバル」!!

笹塚映像フェスティバルチラシ


チラシにあったそのイベント紹介文を読むと元々は
渋谷、新宿、下北沢、中野に挟まれ、古き良き日本の姿を残すDOWN TOWN「笹塚」。
その笹塚から世界に発信する"小さくて大きい"映画祭「SASAZUKA国際映画祭」を企画


しているらしくて、今回はそのプレイベントという位置づけらしい。

国際映画祭開催に先立ち、プレイベントとして、若手の映像クリエイターをはじめ、これからの日本映画界を牽引していく映画人が集まり、多くの映像作品を上映する「笹塚映像フェスティバル2012」を開催いたします!

ということで、笹塚の小規模(とはいえ150人収容!)の劇場で約1週間ほど長編短編、ホラー、アクション、コメディ、ドキュメンタリーなど自主映画であるという以外なんのカテゴライズもされていないプログラムを小分けにして開催するという内容。

といっても後で総評でも書くが垣間見たところからはその笹塚国際映画祭とはなんであるかは全く見えてこない。
まぁショートショートの部分だったのでそこはお座なりな対応しかしなかったのかもしれんが(-^〇^-)。

なのでその辺は軽く流して久しぶりに「自主映画作品の感想ブログ」 いやぁ~本当に久し振りだなぁ。



■DATA
●題名:笹塚映像フェスティバル  http://profile.allabout.co.jp/w/c-65858/
●日程:2012年1月28日(土)  ※イベント自体は1/23(月)〜29(日)
●会場:●上映会場:笹塚ファクトリー(京王線笹塚駅下車徒歩30秒)
  収容人数:約150人
http://sasazukafactory.kyowakoku.com/


●時間:開場13時00分/ 開演13時00分~15時30分(ほかのプログラムもあったけど未見)
●入場料:1000円
●上映作品
 プログラムB
 ■ウォッシュドランカー/海老聡子
 ■kinkiri/加藤マニ
 ■Attack of the 2D monster!二次元怪獣の来襲!/岩崎友彦
 ■恐竜いらない/本田雅英
 ■how beautiful Japanese morning is/吹田祐一
 ■ラリパッパ/小林宏彰
 ■見守石/今泉真也
 ■氷雨/落合諒磨

※実際の上映順とは異なります。



ではネタバレ御免_(._.)_ !の作品鑑賞記
テーマ : 自主製作映画    ジャンル : 映画

いまごろになってレビュー『湯けむり温泉芸社』(後編)

Category: 上映会・作品感想  
で、つづき。


「湯けむり温泉芸社」という企画タイトルを実はこっそりやめていて、限界ムラと化した映像温泉芸社の「会社案内」会場という強引な大ど~ん~で~ん返し!
をしゃぁしゃぁと繰り広げる奴ら!

メインビジュアル・・・・なのか?


ちゅう訳で作品ごとのレビューはネタバレアリアリなので以下。
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

いまごろになってレビュー『湯けむり温泉芸社』(前編)

Category: 上映会・作品感想  

人造犬クドリャフカー



■DATA
●題名:映像温泉芸社上映会その17『湯けむり温泉芸社』
●日程:2010年2月21日(日)
●会場:野方区民ホール(西武新宿線野方駅下車徒歩3分)
http://chizuz.com/map/map5172.html
●時間:開場13時00分/ 開演13時30分~17時30分
●入場料:1000円
●上映作品
 【芸社社員作品】
 ■人造犬クドリャフカ 【中村犬蔵作品】
 ■空気アマゾネス~AIR AMAZONS~(完全版) 【酒徳ごうわく作品】
 ■不良天使 【赤目作品】
 ■ウンコぷり夫くん THE MOVIE 【でぼんちょ作品】
 ■芸社通信 【亜乱陶氏作品】

【招待作品】
 ■タイムショック関根先生 【高岡晃太郎作品】
 ■新作アニメ・ふらんくフルート【伊勢田勝行作品】
 ■海女ゾネス ~逃亡のシーン~【AC部】

【スペシャルパフォーマンス】
 ■冷蔵庫マンこと飯塚俊太郎さん



「俺はかつて、バカ映画作家だった・・・
 何本目かの作品を撮り終えた時俺は直感した。潮時だと。」
・・・・これは、一切の過去を清算して秘境の温泉宿で働く決心をしたある自主映画作家 の記録である。


今年で13回目を迎えた自主映画団体「映像温泉芸社」の本祭での今回の括りは
「湯けむりスナイパ」をベースにしたパロディだということは普段の彼らの言動から分かってはいたが、その後の告知展開が広がらず「あれあれ?」と思っていたら上映会当日となっていた。
その日なんか人と会うのがスゴク億劫な気持ちになって家を出るまでに何度も「出かけなくて良い」理由を探したが、そんなものあるわけも無く、さりとてダメな理由を創作するほどの熱量も無く半ば「なんか覚悟を決めたような気持ち」になって家を出た。
案の定グズグズしたおかげで遅刻した。

会場に着くといつもは自主映画ではあり得ない行列はすでに無くオープニングの映像が始っていた。
今年も相変わらず満員のようで映像が流れている会場が暗い間は空席が探せず入り口のドアの脇でしばらく立ち尽くす。
で、最上段に席を見つけて駆け上がり何とか一本目から見ることが出来た。
ゆけむりスナイパーはカケラしか無かった・・・・。

テーマが変わっていた・・・・・。
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

すっかり冷めちゃったけど TAMA NEW WAVEのレビュー(後編)

Category: 上映会・作品感想  
くっそ~、忙しくて書き込みが週一しかできん!
残業だらけでやけど残業代無い!
時間単価が働けば働くほど下がっていく。

オラの今の最大の夢・願望は
ジャンボ宝くじ1等の当たりくじを拾うこと(または譲渡でも可)。
ジャンボは一枚単価が高すぎて自腹切っても夢を感じられるほどの大量買いが出来ないので。

って、それって一体どんな確率なんやろう?

そういうわけでTAMA NEW WAVEのレビューの続き。
なんかもう変な義務感に取り付かれてます。




例によって壮烈なネタバレあり注意せよ!
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。