自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの読書感想文 老人と海 ヘミングウェイ

Category: 読書感想文  
【先生へ】
毎年たくさん出てくる夏休みの宿だいの中で一バンきらいなのがどく書感そう文ですが、
ことしもやっぱりだされました。
ことしは去年よりもっと読みたい気分になれなかったので、こんかいもなるべくうすい本をえらぶことにしました。
おかぁさんに相談したら「これからは海外文学よ!」といったので外人さんの本を読むことにしました。でも英語は知らないよっていったら「日本語で書いたのがあるから平気よ」って言われました。「え~!?その作者って日本ごも書けるの~?」って聞いたら「日本人が通訳して書いたのよ。」って言いました。

「だったら外人じゃないじゃん!」と思いました。


      老人と海・表紙


と、ふに落ちませんでしたが本屋に行ったらボクもきいたことのある本がありましたので中身は全ぜん知らないで買いました。台は「老人と海」という本です。ヘミングうえぃさんが書きました。今日はその本の感そ-を書きます。


で、今まで読んだ本の中で一ばん面白かったです。
とくに人食いカジキと戦うアメリカ第七かん隊の戦いはスリル満点でした。
この本を読んでアメリカの最新式の兵きのことをたくさん知りました。
ハープーンミサイルの仕組みには得にビックリしました。


人食いカジキ




そのはんたいに生まれ持ったカラダひとつで戦いを挑む敵の人喰いカジキにも同情しました。
頭の先のとんがった部分が水圧で発射されるというのはこの本で初めて知りました。
さらに背中の大きな背びれから発射される数千本の針がアメリカ海軍の哨戒ヘリコプターを全滅させるところは格好よかったです。
人間側の武器を見て人間て本当に賢いなぁと思いましたが、そんなものにはびくともせずアメリカ人を食いまくる人食いカジキにはもっと感動しました。「大自然てすっげぇ~!」って心から思いました。
なんかアメリカ人て小説も漫画も音楽もみんなハリウッドみたいにしちゃうんですね。
そこが一番すごいと思いました。
スポンサーサイト
テーマ : 読書感想文    ジャンル : 小説・文学

夏休みの 読書感想文 風の又三郎 宮沢賢治

Category: 読書感想文  
【先生へ】
今年もイヤなどく書感そう文を書かされる季節がやってきました。
今年は何を読もうかまよってましたが、おかあさんに聞いたら
「どう話みたいなのはいいんじゃないの?」
と言われました。
「むかし話みたいなのはだめなんだって。」
といったら
「でも みや沢けんじ ならいいんじゃないの?ゆう名だし。」
といったので
風の又三郎にしました。ほんとうは銀河鉄道の夜にしようかと思ったのですが、キカイの体を手に入れて宇宙に行く話しではないと聞いてやめました。

表紙


で、感想です。
何かよく分かりませんでした。
初めは外国のことばだと思って読むのを飛ばそうとしたら、
東北のナマリだと聞いてびっくりしました。東北って宇宙だったんですね。
でもナニと言ってるか全然分からなくてお母さんに聞いたのですけどおかぁさんも所々分からなかったらしく、すぐに自分のむかしのせん門学校時代の東北の友達のことを話し始め、「あの子もほとんどナニ言ってるか分からなかったわ~」て言ってキッチンに行ってしまいました。そうやってごまかす大人はたくさんいることにびっくりです。

で、アチコチ言葉が分からなかったんですがけっきょく何の話かよく分からなかったです。
山堀りのお父さんに連れられて転校してきた三郎がいなかの子供たちと仲良くなったと思ったらまた転校していなくなるというお話でした。
せっかく仲よくなったのになんで三郎は「転校したくない」といわなかったのですか?
みんなも三郎を見送りに言ったり手紙を書いたりさよならを言ったりしませんでした。
分きょう場のみんなも三郎のことをあまり好きじゃなかったのかなぁ?と思いました。
好きでもない同士の仲のよい話?

なんかすっきりとしない話でした。

なので提出がおそくなりました。
忘れていたわけじゃなりません。
一たん書いたんですが近所の赤ん坊が遊びに来たときに原こう用紙をびりびりにやぶいてしまったからです。
本当です。絶対です。
命かけます。
テーマ : 読書感想    ジャンル : 小説・文学

坊っちゃん 読書感想文 Part2

Category: 読書感想文  
毎日毎日、坊っちゃんの感想文を見にずいぶんとたくさんの人がこのブログに来る。
有名人でもないので多いといってもたいしたこたぁないが
普段ようやく50アクセス有るか無いかなのが夏休みに入ったとたんぐんぐんとアクセスが伸びいまや坊っちゃんなくして「自主映画まみれ」は語れないという主としては悲惨なことになっている。
他にも『人間失格』や『雪国』もあるがとにかく
圧倒的多数で『坊っちゃん』。

坊っちゃん文庫本表紙


大体分かってきたけど
「坊っちゃん人気」は
文豪・純文学・有名作品というキーワードを押さえながら「薄い」「じめじめしていない」「小うるさい理屈が無い」という硬いところと柔らかいところがちょうどの割合でできていることが「夏休みという特殊な状況で一気に人気を博す」理由だということだ。

普段は文字だけの本なんか見もしないクセに硬いものが読みたいと思いついたけど、免疫が無いから「軽い(薄い)奴がいいなぁ」って言う軟弱ものが読むというありえないほどの都合のいい本だということだ。
考えてみたら、俺の一番最初に読んだ純文学の感想文も「坊っちゃん」だった。
(えっと、村上春樹って純文学?)


最近、知人が「坊っちゃん」や同じ作者の「吾輩は猫である」を評して
「あれは日本最初のラノベ(ライトノベル)だよ。」といってたのを聞いて大喜びしたことがある。
「だって猫が喋るなんてファンタジーじゃん!当時のまともな(頭の固くお偉い)人たちはみんな鼻で笑ってたんだよ~。」
と続く。
あああああああ!そういうことか!
テーマ : 売れる本って?    ジャンル : 本・雑誌

読書感想文 夕凪の町・桜の国 (こうの史代)

Category: 読書感想文  
約5年前。第9回(2005年)手塚治虫文化賞新生賞の発表の新聞記事を読むまでこの作品のことも作家のことも知らなかった。
記事の中には簡単な紹介と寸評があったが手がかりが無いので言葉がまったく入って来るわけも無く、あまりにも縁がなさ過ぎてたのと、わずか単行本一冊しか出ていなかったにも拘らず対象を取った浦沢直樹『PLUTO(プルートウ)』 に目を奪われたこともあり、たぶん今までの流れなら読むことは無かったと思う。

         夕凪の街 桜の国.jpg


それがどういうわけかカミさんの友人がその本をたまたま読んで感激したらしくカミさんに紹介してまんまと釣られたカミさんが買ってきたので実にタイムリーに読んだ。
で、主観的で申し訳ないが「平和でありたい。幸せでありたい。つまんなくても平凡でも又明日が来れば良い」という本能的な感情を ゆっくりと押しつぶしていく不快感に囚われそれっきり本の肥やしの中に埋もれさせていた。
で、先日本屋で同じ作者のまったく別の本を見つけて肥やしのことを思い出し再度引っ張り出して読んでみた。
やっぱり泣きたくなるようなイヤな気持ちになった。

舞台は終戦10年後の1955年の広島。
タイトルになっている夕凪の町は当時在ったらしい原爆スラムの名称。
主人公の平野皆実は原爆の被災の中を何とか逃げ延び、今は家をなくした被災者達が集まった手つくりのバラック村のようなところに母親と二人で暮らしている。
しかし若くも活気も朗らかさも持っている彼女には心の底にべったりと重いしこりがあった。


【以下 思いっきりネタバレ アリアリ】
テーマ : 漫画の感想    ジャンル : アニメ・コミック

読書感想文 人間失格 太宰治

Category: 読書感想文  
さて久しぶりの「くたばれ純文学」の時間がやってきました。
高慢ちきな純文学が大嫌いで、この年になるまで殆ど読んだことのないオッサンが唐突に読んだ純文学への言いっぱなしの感想文のコーナーです!


【先生へ】

何書いてるか分かりませんでした。
大体第一章の中間ぐらいまでですが、ここに来るまでに一ヶ月かかりましたので、読み始めても頭に何も入らないので同じところを何度も読んでしまいます。一回休んでも次ぎもう一度読むのが億劫になります。それでもせっかく買ったんだからと再挑戦しようとしてもどこまで読んだか覚えていないのでまた最初から読んでしまいます。
怪獣も殺人事件もないのでしんどいです。

先生、犯されるってなんですか?


人間失格表紙
この表紙にしただけで75000部売れたそうだが、
それだけが理由で買う奴が最後まで読めるような本とは思えない(笑)


テーマ : 読書感想文    ジャンル : 小説・文学

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。