自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京ローズ劇場」~高橋弘 映像独演会~

Category: 上映会・作品感想  
DATA
■2008年4月12日(土)
■BAR ガリガリ
■料金¥1000-(当日のみ)

youtubeで世界90万アクセスを記録した「手づくりのSTAR WARS」の高橋弘監督が
一般初公開のデビュー作に加えて、出演作、スタッフ参加作品を集めて一挙上映!!

ということで、行ってきましたがな。
会場のBARガリガリは井の頭線「池ノ上」駅の踏み切りすぐ横にある地下のBARで
場所のよさと料金の手軽さとなんといっても独特の装飾もあって自主映画の会場としては大人気。
ほぼ半年先まで会場スケジュールは埋まっているそうだ。←これはいつかちゃんと取材て見よう。

おっと、会場の話はまた別の機会に。
本題は主催の高橋弘氏。
およそモテルという概念から遠く離れた風貌はある意味正しい自主映画監督の姿。

氏は兵庫県で伊丹映像研究会という団体を主宰している。
アマチュア向けの映画制作講座などを催して地域に根ざした文化活動を通じて自主映画に携わっている。
活動暦も古く、代表作としてあげられている名作「手づくりのSTAR WARS」を見たのははるか18年前、懐かしい自主映画番組「エビ天」だった。

それやこれやで作品だけでなく彼自身のキャラクターにも興味があって出かけることにした・・・・・・超満員。

け 人気者はエエねぇ!

以下、
スポンサーサイト
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

【映像温泉芸社上映会その15 自主映画番外地】

Category: 上映会・作品感想  
DATA
■日程 3月16日(日)
■会場:野方区民ホール(東京都中野区野方5-3-1)

ご存知の人はご存知の映像温泉芸社(者ではない)が、年に一度開催するキャパ250名程度の単独団体の自主興行としては大型イベント。
内容は自主映画の上映会で、主にこの団体のメンバーが作った作品の上映会だが、社員があちこちで見つけた傑作短編も混ざっていてかなりラインナップが豊富。
バカ映画寄りで、オタク寄りの傾向が強いが、楽しませてくれることにおいてはアマチュア集団でありながらはるかにエンターテイメント。
さらにこの上映会で特色なのは他の団体の自主興行であまり類例が見られないステージ上で毎回繰り広げられる寸劇。
これが大体自主映画(それも個人映画)をネタにこの威容でゆがんでそれでいて活気ある世界を笑い飛ばすもの。
オタクが市民権を得たのは、自らを客観視して笑い飛ばすことができるようになったからだといったのは岡田 斗司夫だったと思うが?違ったかな?
自主映画は実はジャンルではないというのが俺の持論だが、その中でバカ映画というのは数少ないジャンル化に成功している映像群かもしれないなぁと、整理券を持って並ぶ大勢の行列を前にため息。



以下作品ごとの感想。
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

自主映画の価値

Category: 自主映画雑感  
初めて自主映画を撮ったのは高校1年のときで、親父の8mmカメラと映写機が家にあったからで、「自主映画」なんてのはまったく知らず、当然作り方も「多分、こうだろう?」という思い込みで作った。
いろんな失敗や楽しい経験なんかしてそれなりに一本作った後、クラスメイトや先生方に「上手い、上手い。」と褒められたが、褒めてくれた人も 自分自身も、他の自主映画と比べたことが無いので、本当かどうか分からなかった。
本当だったらいいなぁ。と思っていたので他の自主映画を見たくなってあちこち探して見つけたのが、他の自主映画との出会いだった。

そんな中で偶然見たのが「労働者が空を飛ぶとき窓際のコーちゃんに恐怖の暗躍団が迫る」という8mmフィルム。(83年PFF入選作)
特に巨額を費やしているわけでもないし(いや、こまごまとした小道具なんかは累積すればけっこうなもんになるが・・)、名優が出ているわけでもなく,使っている機材も衣装も環境も自分と殆ど同じなのにこの格差・・・・・・。

自主映画(個人映画)の面白さに気づくと同時に、自分のレベルを知った衝撃の瞬間だった。
俺ってお話にならないジャン~~~~~!!!!(号泣)
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

6月24日の佐藤圭作

Category: 上映会・作品感想  
佐藤圭作という男は、去年「人間椅子(原作:江戸川乱歩)」で無事商業映画デビューを果たした自主上がりの映画監督である。
と同時に俺とは 生まれ・育ち・学歴・態度・外見・全てにおいて真反対のいわゆる・・・・・・・・・というやつである。
個人的に付き合いはそこそこ長くなったが、原則は敵である。
誰がなんと言おうと敵である!

その彼が劇場デビュー作人間椅子の公開に合わせて行ったのが自分の自慢大会 自主映画の上映会。
会場は高田馬場のBABA-CHOP(アリキックの返し技ではない←盗作)
あいにくの雨で客足の伸びは少なかったものの、結局はほぼ満員。
知人関係が多いため宣伝のためというよりはお祝い会のようになったが、一部に無関係者も居たようだ。
まったく持ってもったいないが、自主映画でブイブイと言われた人もしょせんこんなもん。
かように自主映画は、公民権が無い・・・いや知名度が無い。
そりゃそうだ。

開場から上映までの待ち時間の間にスクリーンに作品から抜いた風景シーンを次々とオーバーラップする映像を投影。
上手い!(←こういう上品なところが気に食わない)
前説で開始前に客席を暖めておくという手法はあるが、こういう手もあったのか!と。
だったら、ああいう手もあるなぁ、とかこういう手もあるなぁと思いつく。いつか使おう。
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

B-DASHに感じること

Category: 上映会・作品感想  
前にも書いたように、BABA CHOPというのは高田馬場にある映像製作会社の社長でもある宮田けい氏の自前のミニシアターで、小さいながらも設備は上等。多少入り口はわかりにくいものの、公共施設を除けば個人レベルの自主興行にはかなり適している良物件。
その舞台でオーナーの宮田けい氏はそこを「自主映画のメッカへ」という意気込みをHP上で述べている。
原則客商売でありながら、たとえば、下北沢や東中野あたりの自主映画上映の常連と比べれば、雰囲気はかなりプライベートだ。
が、なんといっても最大の特徴はとにかく宮田氏の人懐っこさが抜群なのだ。たいていの作家が居心地のよさを感じるのは当然だと思う。
まさに門が開きっぱなし。俺のように「遊びで映画やってます。プロになる気はさらさらございません。」的いい加減映画人間にすら対応は他の人と変わらない。
これで、俺をチャン付けさえしなければ・・・・・・・。

俺の参加したB-DASHは宮田氏が所有する(所有というのも変だが)劇団やスタッフたちに他の自主映画を見せようということが動機根っこに合ったようで、確かにその傾向は強い。観客の大半は何らかの形で宮田氏の関係者だ。
第三者に対する告知力や宣伝力がない個々の自主映画作家たちにとって知り合いや、身内でないで無い人にも作品を見せられる良い機会になっていることは間違いなく、それだけでも彼の持つ財産のすばらしさがわかる。ある意味客付き会場を所有しているという感じ。

が、俺が参加した時点でのB-DASHは俺のような実力ナシナシ三流監督には出品するには都合のいいイベントどまりで、反対にプログラムを他人に観客としてお勧めするかとなると、まぁそんなことは無いなぁ。というレベル。
ましてや『自主映画の良さ』を広めるにはあまりにも力不足・ネタ不足。まるでどこの自主興行でも見られる『作家の自己満足の場』しか見えてこない。(一時期、まったく顔ぶれがある上映会と殆ど同じという状況になっていた)

そうなっている理由として特に顕著なのが
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

B-DASHの三回目(ブログでは2回目)

Category: 上映会・作品感想  
前回に引き続きBABA CHOP。主催による、持込自主映画上映会 B-DASH(7月21日)に出品者として参加したときの感想。
都合、三回目の参加になる。
当初の目論見であった参加者の立場でイベント主催者を見るという目的は達成できたものの、密かに企んでいたもうひとつの企画はできずじまい。
が、この回で俺の作品の中で辛うじて他人様にお見せできる短編は尽きた。
まぁ十二分に楽しんだので、これで良しとする。
しかし本当の俺の楽しみはこれからだ!
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

B-DASH~07年4月21日編~

Category: 上映会・作品感想  
実は去年の5月に自前のPCがぶっ壊れたおかげでネットがまったくできなくなっていた。
もう極端な貧乏のせいで後継機が買えなくて、自前の掲示板も書き込めない状態が長く続いたため
書きかけてほったらかしていたいくつかの自主映画の上映会で見た作品やイベントの感想を
ブログを始めたきっかけに多少手直しして改めて昨日から書き込み始めている。
したがって時系列が狂っていたり、古かったりするけど、それは多少勘弁してちょうだいな。


というわけで今回は
B-DASH上映会。
会場はBABA CHOP。ここは高田馬場にあるミニシアターで、なんでもTV業界で仕事しているプロのDとかカメラとかしている宮田氏が自費(初めに「慈悲」と変換されたが案外外れてない気もする)で設立したキャパ50名程度のミニシアター。
各団体の自主上映での会場のレンタルとは別に宮田氏が主催しているのが毎月1回第3土曜日に開催している定期自主映画上映会がB-DASH(入場料800円の1ドリンク付。)。
上映したい人が自作を持ち寄って合同で行う上映会といえば感じが近い。

今回は俺も参加した昨年4月21日の奴から。
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

ああ、懐かしい去年の自主映画上映会の感想その1

Category: 上映会・作品感想  
『なかのムービーラプソディー』 (中野区教育委員会後援イベント)一昨年から年1回 なかのZEROで実施されている自主上映イベント。
何度か誘われていながら足を向けていなかったが、今回やっとこさ出かけた。
作品を見るというより「イベント」を見に。

まずは個々の作品の感想を。



テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

ブログというやつをはじめてみました

Category: 自主映画雑感  
趣味で作る映画遊びとして「映像草野球」という冠で自主映画をたくさん作っています。

高校生のころから作り始めてずいぶん長く「自主映画」というものにかかわってきました。
もちろん自分で作るわけですが、同じような人を集めて合同上映会をしたり、他人の作品に出演したり、いろんな上映会にいっていい作品見て嫉妬し、ひどい作品見てくそみそに言ったり。

「自主映画」といっても言葉の定義としては「商業映画以外の映画」というぐらいしか現在定義が無く、そのせいで他人と「自主映画」について会話しててもそれぞれが想定する作品はまったく違うものをさしていることがよくあります。
ここで言う自主映画は主に「個人資本で作った映像作品」をさしますが、それぞれの作る動機も出来上がったレベルもばらばらです。
実際,「アートもCMも趣味もコンテスト目指すものもドキュメントも、ドッキリカメラも家族のNG集もやはり自主映画です。すなわち、ただ「映像」といってるだけに等しくて、自主映画とは何?という問いに対してまだ言葉を持っていないということだと思います。自主映画はそろそろベクトルやレベルの違いによってジャンル別されるべきだとは思いますが、私自身はわざとそれをごっちゃにしようと思います。確信犯です。

今までは「どんぱちプロダクション」というサークル名(といっても一人だけだけど)でHPやBBSをやっていましたが、実際全部他人に管理も任せてしまったおかげで、自分で管理ができない状態となっていたので、今日からここでちまちまと無責任に自主映画やそのほかの日常のことや世界平和についてなど描いていこうと思います。

現在準備中ですが、まもなく始めようと思います。
それまでに偶然ここを見つけてしまっても黙っているように。

« »

04 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。