自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生ぐらいから美術の教科書の中に映像を入れてもいいんじゃないか?

Category: 自主映画雑感  
中学生ぐらいの美術の教科書に「映像・映画』を入れてもいいんじゃないか?

    art  

とだいぶ前からずっと思っている。

音楽や絵画や文学などはとっくに教科書にあるのにいまだに映画だけは「げーじゅつ」的スタンスを当事者以外に与えられていないのは、社会がそういうスタンスに押し込めておこうという意図があるからではないか?つまりこれこそユダヤ資本やイルミナリティの陰謀ではないか?

ああ、そういう話ではなくて、
つまり我々の日常の中でこれほど映像が溢れているのに一向に系統だって映像のことについて学んだことが無いっていうのはおかしくないか?またおかしいとは思わないか?
モンタージュがどうのとかイマジナリーラインがどうのとかは『作り手側に立ったとき』に初めて聞かされる概念で、受けて側に居るとあんまり聞く機会が無いが、見る側も本来知っていておかしくないしこれってけっこうトリビアっぽい面白さがあって良い情報だと思う。

映画監督にギャランティや著作権を初め社会的に低い(笑)地位しか与えてないのは、映画監督を芸術家ではなく道路工事かマンション建設の現場監督レベルの地位に押し込めることで出費を抑えようとするユダヤ資本やイルミナリティの陰・・・・・

ああ、そういう話ではなくて、
要は映画は脚本に書かれていることを単にそのまま(喋っている人の顔を正面から撮るだけで済むもんじゃない)撮ることではなく、表現者はいろいろ工夫をしてそれ以上の感情なり雰囲気なり意図なりを加えているのに、受け取る側がそのことをイマイチ理解していない(な~んとなくでしかない)。その送り手と受け手の乖離が映画監督の地位をいまだに士農工商のさらに下に置いている原因のひとつではないか?もちろんそうなったことの裏にはユダヤ資本やイルミナリティの陰・・・・・

とすれば、映画監督に芸術的地位を与えるには作品を受容する消費者側がそのことを知る必要があるだろう。文学も音楽も絵画も彫刻も結局は情報伝達効果をさらに高めるためのデコレーションの違いに過ぎず、とうぜん同様の作用が映像にもある。

これ以上深めようとすると『本当は映画キライ』だということがばれるので、一足飛びに授業内容について想像を遊ばせて見る(遊びだよ、遊び)。
スポンサーサイト

読書感想文 航空機事故50年史 加藤 寛一郎

Category: 読書感想文  
俺が好むドキュメント系読書は大きく分けると「歴史もの」「生物学(特に動物行動学)」「事件・事故」「宇宙論」あたりが全体の9割ぐらいを占めるけど、その中でも「飛行機事故」分野は高校生のころからの特に好きなジャンルで、昔なら柳田邦男(代表作:「マッハの恐怖」 民俗学の国男の方ではない)の本はたくさん読んでる。最近この人は自身の高齢化と身の回りの出来事により終末医療とかゲーム脳(w)方面にシフトしていってて航空事故方面から手を引いている。で、その跡を継ぐかのように現れたのが加藤 寛一郎。
略歴→1935年東京生れ。1960年東京大学工学部航空学科卒業。川崎重工、ボーイング社を経て1971年より東京大学工学部航空学科助教授、1979年より同学科教授、1996年東京大学名誉教授。1996年から5年間は日本学術振興会理事。工学博士。


この著者で一番最近読んだのが
「航空機事故50年史(講談社+α文庫)」
ライト兄弟の初飛行から初の民間ジェット旅客機までの発達通史をざっと述べたあと、世界中で起こった民間航空機事故を約80例セレクトし事故内容と原因についての調査結果を手際よくまとめて、飛行機自体の発達に応じて事故原因も変化していくさまを紹介し、また設計者・経営者がそれに対してどのように対応して言ったかを通史的に俯瞰して眺める本。
そのせいもあってか、この著者の作品の中ではずいぶん読みやすい。というのもこの人普通に航空学科の先生だからいつも専門的過ぎる説明が多く入っているので読み飛ばさないとつらいのだ。この本では通史的に早足ですっ飛ばしている分高度すぎる説明が省かれて読みやすくなっている。

飛行機事故1

重大な航空機事故の場合、そもそも空中に浮いているという反自然的な行為なので一旦ミスるとたいていの場合墜落(しかも高速で)という結果になる。そのため生存者が居ることも少ないので結果の重大性に反し原因究明が毎回難しいジャンルとなっている。ボイスレコーダー・フライトレコーダーの設置はそんな問題に対して出された答えのひとつだけど、それでもなお事故解明・原因解明のプロセスは難しく、どんな事故であっても なんかの重大事件のミステリーを解くような興奮を覚える。
俺も今もこの手の本を読み続けている動機はやはりその謎解きの興奮と関心が大きく占めているのは確かだ。もっともそれは俺だけのことではなく、この著者が別の本では、普段の航空力学の授業のときは教室がガラガラなのに「事故調査」の授業になると教室が満員になると嘆いていたから確かだ。

俺たちの旅

Category: 俺の活動  
日曜日に咳の発作と戦いながら報われない作業してて、ふとむなしくなってゆうつべみてるときに
偶然。中村雅俊の懐かしいヒット曲集があったので聞いてみた。今ではタイトルと曲とが一致しないので適当に初めに選んだのが「俺たちの旅」。

なかむら


その瞬間一気に30年ぐらい俺の中に埋もれていたある種の醤油臭い感情を持っていたそのときにまで引き戻されて驚いた。
で、ふと「俺たちの旅」http://www.vap.co.jp/oretabi/index.html みたいな作品が作りたくなった。
いや、作りたがっていたころの昔の自分の感情と今とが30年の時空間をすっ飛ばして直結した。

俺の場合「作りたい」は「出たい(出演)」と同義語なのだがwww、年齢の問題を抜きにしたとしても果たして、そんな物語が俺みたいな変に理屈っぽくドライで冷めてて他人との接触を拒むようになってしまった男に作れる(書ける)のだろうか?なんてことを考えたが、スピーカーから響く音楽が、俺の頭の中のある部分で まるで長い間澱んでいた池に突然巨石を放り込んだみたいに波打ち泡立ち撹拌しまくって一向に落ち着かなくしている。

そもそもあのドラマのベースは窮屈で肩肘張って周りの目ばかり気にして理不尽を押し通したり我慢したりする大人に反発して、安定を捨てて「自由」を得るなんていう格好の良い生き方だったもんだが、実はあの時代ですらそれはファンタジーでしかなかったのだ。
であるならばスーパーマンや仮面ライダーやウルトラマンと同じく創作の基本である「こうあれば良いなぁ。」の具象化で良いわけだ。
現実の自分でない自分。こうあれば良いなぁという自分。もしあの時こうしてたらこうなってただろうという自分。
変身ポーズの無いヒーローものと捕らえれば楽しいものができるかもしれない。

で、ふと70年代の大人の世界と2000年以降の大人の世代、またそれぞれの若者たちとの対立についてぼーっと考えてみた。
初めは大人と若者の対立なんてそれこそ日本の歴史と同じくらい古くから普遍的に存在するものなのでそう変わりは無いだろうと思っていたんだが、少なくともドラマ(物語)の世界では若者の反発の仕方に変化があるような気がしてきた。
テーマ : 映画を見て、思ったこと    ジャンル : 映画

夏休みの読書感想文『坊っちゃん(夏目漱石)』

Category: 読書感想文  
先せいに、「なつやすみくらいむずかしい本をよみなさい。」といわれたので、何を読もうかまよいましたが、お母さんが「文がくといえば、ぼっちゃんでしょう?」と言ったので、千円さつの夏目そう石の「ぼっちゃん」を本屋でさがして買ってきました。あくた川りゅうの介の本もあって、どっちもページがうすくてよみやすそうだったんですが、なんたっておさつになってる人だったので夏目そう石にしました。

わんぱく子ぞうだった主じんこうの ぼっちゃんが先生になって松山に行く話でした。
ヤマアラシははじめはキライでしたが、ほんとうはとてもまじめなのであとで好きになりました。
赤シャツは全ぜん似てないですが、ともだちの風ま君が思いつきました。こいつが一番イヤなやつでした。赤シャツにくっついてオセジばっかり言ってる野だいこもともだちの加とう君を思い出しましたきっともっと年を取ったらすごく似合うと思います。ぼくはこのふたりをだー機関と名づけました。そこが一番笑えました。

主人こうのぼっちゃんがひどい目にあったり、マドンナさんがつらいめにあったり うらなり先生が宮崎にとばされたりこの本では、イイ人ばっかりひどいめにあって、わるいやつばかりいい目にあうイヤな内容でした。
いやなめにあっても言い返したりできなくて、そのためにますますわるいめにあうマドンナとうらなり先生にいらっときました。悪いのは赤シャツの方なのに。
でもさいごは赤シャツをぼっちゃんはやっつけたんですが、でもそのあと東京に逃げ帰りました。
すこしくらい仕返ししてもけっきょく逃げなきゃいけないというイヤなないようでした。

なんか先生や参考書や教科書だとみんなみんな楽しそうな本のように書いてあったので、テレビの「はねるのとびら」みたいな どたばたした生き生きとした楽しい本なのかなぁとおもって楽しみにしていたのに、めそめそした場面はぜんぜん無いのに、よみおわったあとは暗い気持ちになりました。
けっきょく夏目そう石先生は、武士の時だいが終わっても、悪いやつがとくをして、いい人が損をするという世の中のへのグチを書きたかったんだと思いました。

SUPER B-DASH第一回アンケートまとめ

Category: SUPER-B-DASH  
前回のSUPER B-DASHでご協力いただき集計したアンケートの結果がやっとまとまったので、記入者の個人情報を削除(性別だけ残した)した上で発表します。
なお、皆様におかれましては、これを単なる作品評価としてだけではなく、そこから透けて見えるこのイベントの様子を掬い取って欲しいと思います。

今回は見事にこちらが想定している「初見」者の割合が恐ろしく高くそこだけは運営上ほめられる点だったが、絶対数が少なすぎて散らばりがあまり見られなかったことが残念。そういうところは方法論も含めて永遠に正解を追い求めなければいかんだろうなぁ。一番のタブーは止まることだけなんだけど、それが一番難しい(特に年を取るとなぁ・・・・)。
あといつも集計してて思うんだけど、アンケート書くときっていつも自分が客観評価しているような気になってるけど、意外と他者とのズレに気が付かないことが多いよなぁ~。ということが今回も有った。
「え?面白いと思ったの俺だけ?」とか、逆に「え~~~~?みんな、あれ面白いと思ってるんだ!」という発見と驚きはアンケートを書いた人にしか味わえない面白さのひとつではないでしょうか。

文句出るまではUPしときますので、特に上映会に参加くださった方はお楽しみください。


アンケート内容は各作品ごとに
視聴回数を尋ねる三択(1・初めて見た 2・すでに見たことがある 3・関係者)
と、
客観評価をたずねる四択(1・かなり面白かった 2・面白かった 3・普通 4.つまらなかった)
を記入いただいた上でコメントを求める形式で行っています。

基本的に各作品ごとにまとめてありますが、自分の作品を評価した方が他の作品をどう評価するのかという点は非常にインタレスティングなので、記入者の名前は各作品ごとに同じになるようにしてあります。

※一応文意が間違いないと思われる範囲においては誤字脱字の修正はしていますが、場合によっては誤読している可能性もありますことをお断りいたします。 

以上です。
それではお楽しみください。
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

新・軟式globe 『I'm fall'n ジシュ』 自主だなぁ~♪

Category: 自主映画雑感  
もう知らない人や忘れてる人も多いだろうから
初めにこっちを見てもらってからの方が良いかも。




で、大体思い出してもらったら、本番。

オリンピックもろもろ

Category: 日常・雑記  
開会式の花火がCGだったというのは傑作。コロンブスの卵だったなぁ。
でも、子供の歌が口パクで、少数民族は全員漢民族というのはいただけないなぁ。
ひょっとして中国国内の新聞ではCGの中国選手が金メダル取り捲ってる大本営発表になってるんじゃないかと・・・・。
だれかそういう映画の企画書書いてくれ。
アポロ月着陸捏造説みたいな奴。

舞台を中国にしなくても、その設定が成り立ちそうな国はある。
特に「過剰なコメントと必要以上に絶叫するアナウンサーやらであたかも山ほど金メダルを取って来そうな事ばっかり言ってる」日本のメディアなんかは特にそうしたいだろう。
およそ40年前に「人類が月に行ったことにした」技術力と比べれば今の方が簡単に違いない。
たぶん東京オリンピックが決定したらその年に併せて制作・公開するのが望ましいのではないかと。

キャスティングは主演のメインアナウンサーに織田裕二。
放送局の編成部長に柳葉敏郎。番組プロデューサーに故・いかりや長介(もちろんCGで)
末端ディレクターの一人がユースケサンタマリア。

「オリンピックはテレビ局で起きてるんじゃない!競技場で起きてるんだよ!」

前回のスーパーB DASHのアンケート

Category: SUPER-B-DASH  
やっとまとめる気になったのでまとめているが、みんなそれぞれちゃんと答えてくれてうれしいです。

今回はほとんど初見の方ばかりだったようで作者周りの占有率がえらく低い理想的な環境ができていたことにちょっと感激。あとはちゃんと人数が増えればなぁ。

で、面白かったのが書いてくれた人の個性によって作品Aが良いといった方は作品Bがダメ。とかその逆とかいうふうにきっぱりと分かれた。
そうなんだふ~ん。とこちらも感動。
あと2~3日で作家の方々にはアンケート集計お送りいたします。

数は少なかったけどほぼ全員満足していただけたようで良かった良かった(お世辞かも知れんが)。

でも、

ありがとうございました。





またよろしくお願いします。

テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

その後のGoogleストリートビュー

Category: 日常・雑記  
あまりのあけすけ写真にネット上は大騒ぎ。
とにかく撮影された映像は片っ端から地図上にアップされたために各地で写されたくない写真がごまんと出てきて写されたくなかった人たちの依頼により次々写真が削除されている。
このまま削除が増え続けるとストリートビューというシステムそのものが崩壊しそうな勢い(嘘w)

プライバシーの侵害がどうだのこうだの という話は至極まっとうであるが、実際のところ自分のプライバシーは守るが他人のプライバシーはぜひ知りたい!というのが普通の人。いろいろ面白い写真を丹念に探せば見つかるだろうと思いきや、そういうサイトもあるんでやんの。


禁煙3週間目(最長記録です)

Category: 日常・雑記  
それほど禁煙に積極的ではなかったが喘息の死ぬような発作のせいで物理的に吸えなくなって3週間たつ。
けど、まだ1日数回「タバコ吸いたい・・・・」と思うことがあるなぁ。
特にデスクワークの仕事中は。

完全に吸いたいという気持ちがなくなるまでどれくらい期間がかかるのかなぁ?
キチガイじみた値上げが予定されていなければ、たぶん吸ってるんじゃないかという気がする。


テーマ : 心と身体    ジャンル : 心と身体

仕方ない。世間に迎合するか。

Category: 日常・雑記  
北京オリンピック。
お家芸の柔道の悲惨な結果に軽くナショナリズムが沸き立つ。

柔道

こんなことなら柔道協会から出場打診されたときに
断るんじゃなかった!
俺だったらいっぺんに3階級制覇したね。

もっとも俺が出るということは日本の為には良くてもスポーツ界の生態系の破壊になるので結局は良くないんだよなぁ~。

テーマ : スポーツ全般    ジャンル : スポーツ

SUPER B-DASH 1回目終了

Category: SUPER-B-DASH  
げろげろげろ~の親戚行事がやっとこさ片付いたので遅ればせながら一回目の報告。
結論から言えば、目標をはるかに下回る集客(14名?)でしたので惨敗です。

初回なのでさらに難しいことは承知だけど言い換えれば初戦のキューバに負けた日本のような気分。
まったく歯が立たなかったという気持ちにもならないので少し自分に腹が立つ

SUPER-B-DASHの隠された企み!!!

Category: SUPER-B-DASH  
いよいよ明日 俺が主催でプレゼンツでセレクターの自主映画専門の名画座
SUPER-B-DASHが始まる。


            ohara_half.jpg

   イメージキャラクター:しげちゃん    (嘘)

毎月1回第一または第二土曜日に開催する自主映画の上映会だが、毎回プログラムを変えて来年1月までの全6回。
20人以上の映像作家と30本以上の作品を上映する。
製作時期の点を除けば顔ぶれといい作品といいちょっとした映画祭並みのラインナップとなったので気持ちが良い。

プログラムの中身は4年ぐらい前に俺が主催した「自主映画難民監督上映会(なんて秀逸なネーミングなんだw)」で上映させてもらった作品をベースに、さらにそれ以前やそれ以後にいろんな上映会やイベントやDVDなどで見て、他の人にも見せたい!と思ったものを加えて、それを毎回ジャンルが偏らず、合計尺数が各回180分以内(実質150分前後)になるよう並べなおしたものだ。
だからどのプログラムを見ても最低でも4方向の異なったベクトルの面白さを味わえるようになっている(ハズ)。

さて、このイベントで一番見て欲しいと思っているターゲットはズバリ
「自主映画をまだ見たことの無い初心な人たち」だ。

すっげぇ~よ!ストリートビュー!

Category: 日常・雑記  
Googleマップに付いた新しい機能ストリートビューだけど-----!

めちゃくちゃおっもしれぇ~~~~!
知ってる道を歩き出すともう止まらない。
俺の家はマンションだし一階の角部屋ということもあってバッチリ写っていた。
あれどうやって作るんだろう?
自分の家から中原街道を北上していくと丸子橋を渡ったところで快晴から突然曇天に。
渋谷のガード下に入ると急に夜だったw。

あなたの知らない世界が・・・・・

Category: 日常・雑記  
mixiの参加コミュのひとつにアイキャッチの面白さにつられて

              1039664_213.gif

「心霊スポット【関東】」ってやつ入ったら、ここの更新が激しくて、毎日届く「コミュニティ更新情報」の大半が心霊関係ばかりになってしまった。


あっちの世界って本当に活発なんやねぇ。

自主映画って・・・・・心霊よりマイナーだったんだ!

発作

Category: 日常・雑記  
2年前に突然発症したアレルギー性喘息が、先日の風邪ひき以降急速に悪化。
メプチンエアという急性咳止め用気管拡張剤が効き目抜群なんだが、先週の半ばから効き目の継続時間が次第に短くなり消費量が激増。とうとう金曜日に無くなったため、効果的な咳止め方法がなくなった。
そのせいで土・日完全に悪化。咳が24時間止まらなくなる。それも全身の筋肉を使うような激しいやつばっかり。頭の血管が切れるか、呼吸不全で倒れるか、酸欠で脳がやられるか、まで追い詰められた。自発呼吸ができなくなるのだよ。
「やばい!今までで一番強烈だ!もう喘息だけじゃないんちゃうか?肺炎?癌?」とか「ああ、もっと早くタバコやめればよかった」とか「SUPER-B-DASH、俺無しでやるにはどうすればいいか?」とかいろいろ考える。

映画と教育

Category: 自主映画雑感  
本屋で立ち読みした小説家になるための方法論みたいなことを書いてる本があって、何気に見てみると目次にジャンル別の方法論が分かれてあった。
俺の場合、読書対象は殆どノンフィクション系でフィクションは読まないが、かろうじて歴史小説だけはよく読む(ある意味これもノンフィクションかも?)で、その項に書いてあるん文章を読んでみて笑った。

新人が歴史小説で書いて良いのは「信長・秀吉・家康ちょっと譲って信玄・謙信」が限界。歴史小説家として有名になって初めてマイナーな人物を主人公にしたものが書けると書いてあり笑った。多分書いてなかったようだけど他に許される人物としたら「源義経・弁慶コンビ・新撰組・西郷隆盛・坂本竜馬」あたりか?(もっとも坂本竜馬は司馬遼太郎が書かないと今でもマイナー人物だったろうなw)。
歴史(日本史限定)オタクの俺としてはそんな超メジャー路線の手垢付き捲った人物の小説なんかはもうあんまり興味が無く、一般への知名度は無くても、世の中に与えた影響が小さくない人(北条義時・高師直・安藤昌益・高野長英・前野良沢あたりか?)の話が読みたいのだが、結局「消費者側の知識が乏しいとそれだけ表現する側の制限も大きくなる」ということが現れてるわけなんだよな。実際、売れてる歴史小説家の殆どがやはり戦国三大大名(信長・秀吉・家康)の本を書いている。

        早雲
   (この肖像が伝・北条早雲 と知ってる人は何人いるのか?)



でも小説なんかまだマシ。映画のように投資額がハナからでかいものなんて、1回の失敗で大会社の屋台骨が簡単に傾くので冒険を避ける傾向はなおさら強くなっていく。っていうか、本当なら1回も失敗できるはずが無いのに・・・・・デビルマン・・・・

そのせいで、毎年毎年邦画の興行収入上位は、いつも他の原作からの映像化だ。
もちろん製作者側だって本音のところは誰もが「オリジナル企画を出したい!」と思ってはいるだろうけど、実現するのはかなり困難だ。与えられた台本に沿って単に撮るだけの監督ではなく、ストーリーを創れる人にとっては、作る前からネタばれの話なんかやりたかぁねぇだろう。

« »

08 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。