自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ビジュアルアーツの一部の学生の発表上映会・・・。

Category: 上映会・作品感想  
のようなものだと思われるものに出かけた。
この学校の生徒でイベント関係者と知り合うことがあったので挨拶がてら(といいつつ結構強引で無理やりw)上映会に行く。 しかし、この知り合い君は最初から当日は会場に来れないことはわかっていたので一人で見に行く。久しぶりの上野。

■DETA
WATCH ME!
(東京ビジュアルアーツ 映画学科 映像作家専攻 作品上映会)
http://www.tva.ac.jp/crs/movie/index.html

●日時 2月21日(土) 22日(日)
●入場料 700円
●開園 14:00(開場13:40)
●会場 東京都美術館http://www.tobikan.jp/
    (言葉で「上野美術館」と聞いたもんだから最初「上野の森美術館」に行っちゃったよw)
●上映作品
 ◎Lily (28分)清水秦地 
 ◎You May Sleep (13分)茂木慧太
 ◎silent music (70分) タンヤトン・ブンサムスウォン


知り合った関係者から日時や場所を聞こうとしたけど、チラシもHPもなく、開催趣旨もよく分からない。
例えば、1年生の初作品なのか、卒業制作なのか、課外授業なのか、単なる近場の友達なのか?家に帰ってからも監督名や作品名で検索かけても一個も引っかからない。もちろん事前に学校のサイトも見てみたがイベントに関する記述も一切無いのでかなりプライベートな活動だとは思うが・・・・・・・。
パンフレットもなく入場の際に渡されたものは告知用の絵葉書のみ。
作品も淡々と流れて終わって次のが流れて。

本当に何を考えて何を目的としたイベントなのか見事に分からなかったので、久々の自主映画の感想とはいいながらもうこれから書くことは作者のことを一切斟酌しないものになる・・・・・・。
 いつも言うけど自主映画は基本的に「知らない監督、知らないタイトル、知らない出演者」と無い無い尽くし。それで作品だけをかけた時に思いっきり情報不足になる。それが「自主映画と商業映画のデカイ違いかもなぁ。」と思った。
 表現範囲とかテリトリーが広いくせに情報がないからギャップが広がりすぎる。テレビや商業映画のような王道路線の作品で無い限りまず客はギャップを何とか埋めるか繋げようかしなくてはならなくなり、気が散らされる。
 
で、そういうわけで作品写真も無いので本当に文字ばかりの感想。
関係者の方々と今後大事なつながりが必要なので思いっきり歯に衣着せて書きます。
(俺としたことがぁ・・・・・!!)

 東京ビジュアルアーツ四番町校舎
  ↑東京ビジュアルアーツ四番町校舎

  そういう事情で作品の写真が皆無。悔しいので学校のHPから写真ぱくった。


以下、いつものようにネタバレありありの作品感想。
スポンサーサイト
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

あまり自作品を他人に見られなれていないアマチュア自主映画監督が

Category: 自主映画雑感  
いやぁ~ここ1・2週間ちょっと編集に取り掛かっていたのですっかり書き込めなかったけど、おかげでアクセス数ガタ減り。
久しぶりに上映会に行ったんで感想書こうと思ったけど、ちょっと長文になりそうだったので明日に回して別ネタを。


あまり自作品を他人に見られなれていないアマチュア自主映画監督が(←繰り返し)
特にSFやアクション系の作品の場合に顕著なんだが(もちろん他ジャンルでもいくらでもある)、ちょっと張り切って苦労してなんか大作作っちゃったかもしれないが、全然面白くなくて(というより下手・・・・・。)、それを見たあとに「どや?顔」で感想聞かれて「う~ん。全然面白くない(あるいは下手)。」ということを素直に述べると聞いてきた監督の表情が「嘘付け!おまえこれほど凄いの他にあるんか?」とか「そんなはずは無い、おまえは商業映画と比べて下手とかつまんないとかいってるんやろう?(アマチュアでここまで作れる奴は他にいないぜ)」みたいな空気を駄々漏れにされることが良くある。

本当に良くあるんだって。

もちろん向こうも俺のことは知らないから、何を根拠に俺がそう言うのかはまったく伝わらないのでこの会話は立ち話なんかで埋められるわけが無いのだけど・・・・俺って自主映画に関してだけなら「日本一見てるとまではとてもいえないが、かなりたくさん見てるんだって!」
それこそピンからキリまで範囲は全方向と言って良いくらい!
だからもう単純比較なんだって。
もう具体的に「前に見た○○監督の○○って作品より20段ぐらい下。」って言いたいんだが、そもそもそうやって例に挙げた作品のことを誰も知らないからねぇ。つうかなんで自分の周りの2~3人と比べただけでそんなに鼻高くなれるかのか不思議だよ。

    どや顔のチャンピオン

    ↑ This is Best DOYA-face
  

俺は犬が好きだ。

Category: どうでもいい話  
特に大型の奴が好きだ。
一度は飼ってみたいと思いながら、自分のぐうたらな性格と生活を考えると双方に何もいいことが無いのが分かっているので、偶然以前の職場にいた同僚の親が犬のブリーダーをやっていたこともあり春が近づくたびに「ジャーマンシェパードの子犬いらんか?」とか「ラブラドールの子犬いらんか?」と誘われるたびに 家でカミさんに「シェパードいるか?って言われたけど駄目だよなぁ・・・。」と話題にすることが精一杯で見送っていた。

         世界一有名な犬
  ※↑世界一有名な犬


そんなこんなで犬の話題。
警察犬や盲導犬など、犬の社会性や頭脳の高さなどを利用して人間の仕事の一部を肩代わりさせたり人間に出来ないことをやらせたりすることは古くから行われていて、介助犬・救助犬・いまやその活躍の場はいろんな方面に広がっている。

「麻薬犬」
麻薬中毒の犬のことではない。
空港や港湾の税関で働く麻薬などの密輸を臭いで探知する犬のこと。
この訓練方法の理屈は簡単で、麻薬の臭いをつけたダミーを探させる。上手く見つけると思いっ切り遊んでやる。これにより犬は「麻薬の臭いのあるものを見つけると遊んでくれるゲーム」と理解し、遊んで欲しさにがんばるという図式。彼(犬)らにとっては人間の精神を滅ぼす薬物を撲滅し裏社会に市への資金を立つという正義感ではなく、単に「遊びたいだけ!」

                   麻薬犬

なのはいいとして、面白いのは訓練が終わって現場で実際に活動を始めるとき。
一日中(実際の労働時間はもっと短いけど)におい嗅ぎまわっても毎回早々都合よく麻薬を見つけられるわけではない。密輸をもくらむ悪い奴だって毎日いるわけでもない。
そうして一日の成果がゼロだったとき、彼(犬)らは「上手く出来なかった」とか「遊んでもらえない」となってしまい思いっきり凹むのだ(笑)。

なので一日何事も無く終わったときには訓練士仲間がこっそりと偽の密輸犯人になりすましわざと見つけられてあげるのだ。

犬大喜び!

人間の成長という永遠の課題にとっても含蓄のあるエピソードでしたね。

かもすぞ

Category: 読書感想文  
というわけで、

編集の合間の現実からの逃避。


   俺が描いた


もやしもん(石川雅之・イブニング連載)
は、かなり面白いなぁ。


俺が映像を作るときの基本コンセプトは

Category: 映像草野球  
映画作りの良いとこだけとって楽しむことにある。
それは今も昔も変わっていない映像草野球としての
鉄の戒律・血の掟なのだ。

が、それをもっとも俺が享受した時期がビデオで映像が撮れてオンライン編集が自宅で出来るようになった頃だった。
そのころはある部分のハードルは低くても許せた。
本当に楽して映画作れるんだもん!

それまでの8mmフィルムと比べたらもうシャッターボタン押すだけで高画質・高音質で暗いところもヘッチャラ。
考えるのはカット割とか構図とかそういうところだけで良かった。
現場で専門的知識のある人を集めないとにっちもさっちも行かないなんて事が無く、それへの負担が激減したもんだからちょっと工夫したり考えたりパクったりするだけでも「それはそれはウケの良いものが出来るんです。」
そうせざるを得なかったのは初めて作品を撮った時というのが高校の文化祭やまぁサラリーマンやOLやアルバイトやパートの連中集めて作ったドラマという環境で、俺以外誰も映画の作り方なんか知らなかったから、怒鳴ったり起こったり一から十まで興味の無い人にさせることは「完成させることすら出来なくなる状況」だったからなんだけど、そのせいで作品のポテンシャルはどんなにがんばっても
俺のレベルが限界だった(笑!)。

ああ、そういう話ではなく。
言いたいのは、
その後急速の進歩で動画媒体(メディア)がデジタルビデオに代わり、それまでデッキ2台・コントローラー・エフェクターとそれらを結ぶカビの触手のような配線の塊だった編集機材がパソコン1台に変わった。
それにより何が一番変わったかというとアマチュア映像の最後の砦 タイトル・テロップが自由になったことだ。


  ↓どんぱちプロダクション 名義の初作品 「そのときヒロシはスナフキンに会った」 

          そのときヒロシはスナフキンに会った





                           いやぁ~ 懐かしい・恥ずかしい。






テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

くっそ~~~~~企画倒れか~~~!

Category: 俺の活動  
国際交流の新たな目を作ろうと、
不自由な日本語と片言の頭で募集をかけて見たが
・・・・。



自主映画に出てくれるイケメン外人いねぇ~~~よ~~~~~!







テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

家庭内別居。

Category: 日常・雑記  
カミさんが珍しくインフルエンザにかかった。
結婚してから一度も風邪を引いたことの無い人だったのに「あれ?熱が・・・。」
と不思議がって病院に行き 見事インフルエンザの診断を下された。

一方、年を負うごとに体が弱まり風邪・発熱に極端に弱くダメージがデカイ俺はそのときからカミさんの風邪が治るまで寝室を別にして家庭内別居することにした。

それがまた気分良いんだわ~~~~。
なんか久々に膝を伸ばして寝る(普段は狭いというわけではなく、なんとなく気分の中での感触)快感とでも言おうか?


なんといっても夜更かししてスタンドの電気をつけて本を読んでも怒られない。
俺の喘息でカミさんを起こしてしまう気遣いも無く思いっきり咳き込める(いや、それが気分が良い訳ではないのだがw)。
お互いの寝返りで膝蹴りや肘撃ちが無い。
いやとにかく何か分からない開放感!


この楽しさの正体はなにか?と考えたらすぐ分かった。

初めての親元から離れてキャンプする子供の気持ちだ。

キャンプだキャンプだぁ!



あまりの楽しさに初日からこの別居生活を俺は「合宿」と名づけた。
今晩は何読もうかといそいそと本を選ぶ俺。

ねっきゅうものがたりのせい作ものがたり。

Category: 俺の活動  
きょうはライフワークの『ねっきゅうものがたり』につかわれるエスエフエックスようのフィギュアを作りました。
特手さつえいでつかう人形のことです。

今回のボクのこの作ひんは、
遊びやしゅみでふにゃふにゃとしか作ってんばいクセに「ぜひ僕の作品を見てください!」などと頭のイカレタ日ほんのレベルのひくい自しゅ映がかいのふ抜けたカントクどもに
「映画の可のう性を見せてやる!」m9(^Д^)プギャー!
ということをうったえるために、たくさんの特しゅこう化がつかわれています。
このフィぎュアは、とう場人ぶつの花がたが、かいぞう手じゅつをうけてサイボーグ野きゅうせん手になったために、つぎつぎと爆破されるせん手たちのかわりになるものです。

花形サイボーグ軍団!

本とーにバクハツさせると人が死ぬので、身がわりになるためにつくります。
でも見る人には本とーに人がバクハツするように見せなければならないので、せいみつにまるで本もののように作くらなければなりません。バクハツがうそとわかったら見る人はシラけるからです。
だから本もののように作らなければならないので、一どにたくさん作れません。

だからきの日と今日で全ぶ作るつもりでしたが、絵こんてを見たら全ぶで11体も必ようと言うことが分かってブルーになりました。
しかもきのう突ぜん うちのテレビがぶっこわれて音も絵も出なくなったので悲しみにくれてしまい、なにもできませんでした。(←実話)

でも、きょうはお昼からマルイにいってぜんがくカードでテレビを買いました。
「また毎月のし払がくが増えた・・・・・・。」とお母さんは泣いていました
しかもとどくのは来しゅうの土よう日だそうです。

もうやけくそになってフィギュアを作ることにしました!


テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

死んだらどうなるか?という疑問は殆どの人がすでに知っている。

Category: 日常・雑記  
徹夜に徹夜を重ねてバタンキューで寝て、はっと気づいたら時計が一回りしていた。
という経験をしたことのある人は多いと思う。その間、電話が鳴っても誰かが呼び鈴鳴らしてもまったく気づかずにとことんまでの眠り。俺なんか時々俺のいびきで起こされたカミさんに鼻つままれたり蹴転がされても起きないらしいが、まぁそんなもんだ。意識レベルが0の時には周りで何が起こっているか、自分の体に何が起こっているかを自覚意識の中で認知することは絶対に不可能。
要はその無意識・無自覚の時間経過が何時間で終わるかそのまま永久に続くかの違いしかない。
つまり毎日繰り返してる眠る→起きるを繰り返すのは『死』の予行練習だ。

« »

02 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。