自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣かせる映画なんて簡単だ。

Category: 自主映画雑感  
笑わせることに比べて 泣かせる映画なんて簡単だ。

映画に限ったことではないが、フィクションの物語を作るときの
方向性として泣かせることは簡単で、笑わせることの方がはるかに難しい。
泣かせ=真面目、笑い=不真面目 という古くから伝わる日本人のバカバカしい価値観を基礎に、さらに「良いお話」「正しいお話」に対しては無審査で絶賛しないと自分が悪者になるという既成概念(というよりもはや事実!)から確立された「パブロフの犬」化によるものだ。「翼をください♪」を子供が歌っている曲が聞こえたら泣かなくてはならない。
だから商業映画だろうがマンガだろうがこと「泣かせ」に限っては恐ろしいほどバリエーションが少なくレベルが低く、底の浅いものがまかり通っている。実際、製作する方は「どうやったら簡単に泣かせる作品を作れるか?」という方程式を持っている。
いや、それ自体はエンターテイメントを産業とする上では絶対必要なことなのでかまわないことなんだが、先に書いたように「パブロフの犬」化している日本人向けにはそのハードルはめちゃくちゃ低くなっている。
いや、もう顕著に「道具さえよければそれで十分」というお粗末な(それでいて正解な)方程式にしちまっている。これは一概に製作側が悪いのではなくて、そんなちんけな作品で「号泣しました!」自慢する純粋ちゃんが山ほどいるから、合わせてやらなければ仕事にならんのだ!


解釈やツッコミや論理なんか無くてもいい!
だって彼ら(登場人物)は、頑張ってるから~~~~!




もう俺の視野から消えてください!

それを顕著に受け継いでるものがたくさんあるのが自主映画・・・・・・。
つうか、プロの人たちは軽薄さを誤魔化すためにいろんな苦労や手段でそれを補っているというのに、そこは理解せず「泣いてる役者と音楽があればそれが泣かせだ!」と短絡しているものが多いこと。それでいてそんなつまらんものに泣く客が実在するということ!
もう何の宗教かいな。

「笑い」が原則、見る側の予想・期待・想像を裏切りながら同意(笑わせる)させるという相反することを必須なのに比べて、シチュエーションも限られ道具も限られ、がんんじがらめだけど,それがもっとも最良の手。なんて簡単すぎて・・・・・・。

「純粋だから素晴らしい」君を泣かせる程度でいいなら俺すぐ脚本作れるぜ。
スポンサーサイト

ハチのムサシは死んだのさ

Category: 日常・雑記  
あ!あれ、有るか!?

と思って検索したら見つかった。
インターネットの世界は素晴らしい。



        


テーマ : 懐かしい思い出    ジャンル : ブログ

オレの作品世界は400万年前の地球すら支配下に置くのだ!

Category: 俺の活動  
買った!買った!買った!
初めて一人で楽天に注文した!






濱田君!大沢君!


これで合ってるか!?


ゴリラマスク



映画を作るのに一番必要な才能?

Category: 自主映画雑感  
他人に命令し怒鳴り散らし説教垂れまくることが何より一番大切な能力さ!

映像や音楽やカッと割りや脚本なんかの才能?

二番目だよ。

いや。とにかく一本作るだけなら無くても良いよ。



↑という文章を、最近発表されてバカウケの

うもうだめ

「んもうだめジェネレーター」で変換すると


  ↓  ↓  ↓


ハーイ 私の名前は“Hannah Eschrig”

Category: 日常・雑記  

ハーイ 私の名前は
“Hannah Eschrig”


私は10歳でランドルフ小学校に通っています。


私のパパ、曹長であるジョン・マイヤーは現在イラクにいます






いいえパパはそこにはいません・・・・・。










初めは単純に感動すればいいや。



あかん! 脳が偏って来ている。

Category: どうでもいい話  
たとえば!

毎日毎日腕立て伏せばかりやって立派な上腕筋を作ったとしよう。
他の運動をしなければ、他の筋肉は衰えていくように
脳みそも同じようにある特定の能力を使うことが多くなれば
その分他の能力をつかさどる部位は衰えていく。
人間は不合理の塊のように見えて「人体」は超合理的に出来てる。
環境の変化になるべく早く適応しようと言う反応のことで、骨折などの治療で長期間ギブスで部位を固めていると関節が固まったり、切除された胃袋が再生したり、バスケット選手が身長高くなったり、野球の投手の利き腕が伸びたり柔道の選手の足が短くなったり、ヘルメットばっかりかぶってると禿げたり・・・・(途中から嘘が混じってるので注意)



今やっている仕事は文章を書いたり自分の感情や要望や意思などをメディア化する部分は一切必要ない。正確な内容を書いても多分分からないだろうから印象だけでいうと、
作業に進捗にあわせて必要なパーツ(情報)を集めて適切なところにはめ込んでいく作業がメインになる。必要なのはそのパーツのありかを探す能力(もしくはそれを作る指示を与えること)と、整える能力で、クリエィティブなところはこれっぽっちもない。なので筋肉でいうとこれまでまったく使わなかったふくらはぎと太ももの筋肉を使わされてるようなモンで、脳が筋肉痛を起こしている。しかもその分これまでそれなりに自由に使っていた部位を働かせる余裕が無いため驚くほどのスピードで感情や意思のメディア化の能力が衰えていくのが分かる。
文章を書く気にすらならない。
これまでも本業はメディアとはまったく異なる分野ではあったが、仕事そのものは楽だったのでネタ帳書いたりもできたけど,今は進捗をコントロールする部分にいるからわき目を振ることも出来ない。ましてや土木工事の分野はまったく未知だったので、筋肉で例えれば「今日から耳を自分で動かせるようになれ!」と言われているようなモンで、いくら必死になっても耳はピクリともせず、形相だけが福笑い状態になって苦しんでいる。
そんな感じ。

チョベリバ!!!!!
↑この単語、久しぶりに聞いたろう?

撮影、失敗!

Category: 自主映画雑感  
きのうはひさしぶりにさつえいをしました。
このひはさい後までやりたくなかった特しゅさつえいというのをやりました。

ほんとうはこの作品のホームグラウンドである東よこ線の多ま川のはしの下のグラウンどでやりたかったんだけど、はしの耐しん工事が始まってグラウンどが半分サクで囲われていたのでしかたなく和泉多ま川の小田急のはしの下でさつえいしました。

たいして時間のかからないさつえいなので一人でとろうかとも思ったけど、ドロ人形を河原に並べて一人で花火でバクハツしているところを見られても平せいをたもてる自信が無かったので、お友だちを3人呼びました。かれらはみんな平気でした。自主映画やってる奴らというのはそういう方面のシュウチ心がだんだんかすれていくものだ知ってビックリしました。

はじめはサイボーグ004のハインりっヒのようにヒザからミサイルを発しゃするところをとりました。ロケット花火を人形のヒザにセットして火をつけました。すると一しゅんでフレームの中から消えました。何がおきたか分からないくらいのスピードでした。

ヒザミサイル!

↑発射の瞬間を捉えた貴重な一コマ!!


つぎに、サイボーグ野きゅうせん手に次々とたおされる人間せん手のシーンをとりました。
でも前回はいた特しゅこうかのお兄さんがいなかったので、バクチクでふっとばそうとしました。
でも人形がガンジョウすぎたのと、バクチクががっちりと固定できないため、ばくはつの圧力が外ににげてしまいドロ人形たちはまったく平気でした。
ちしきの有ると無しの差のあまりのとおさに気がとおくなりそうでした。

失神 初体験~♪

Category: 日常・雑記  
前にもちょろっと書いたけど今の仕事は小型無線電気会話装置の鉄塔建設の進捗管理なんだが
前の職場だった家庭電話の子機のシステムから発展しているPHSは出力が小さいので設備もそれに応じて小さくてすんだが(マンションのベランダにも置ける!)
無線機のシステムから発展した携帯電話の方はアンテナ基地局も桁外れに巨大。
設置工事も電気工事というより完全に土木工事。
扱う対象が何もかもがとにかくデカイ。

で、これまでの日雇いも含めて多くの職場で働いたがこの職場がそれまでと一番大きく違うのが
人が死ぬ

それもちょっとしたことで。
些細な間違いや勘違いやミスというのは人間日常誰でも起こすがその結果があっという間に彼岸に跳んでしまうのがこの業界。

というわけでとりわけ安全研修・教習に力が入るんだが、
先々週とうとう一連の研修の締めくくりとして
実際の事故写真の披露と鑑賞という目に合った。

前日の喘息発作のために2時間しか寝られていない寝ぼけ眼で3時間の講義。
その前半はもうこっくりこっくりで講師に二度も怒られた。
と、思っていたらグロ写真。


« »

06 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。