自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げげ!見つけられた!

Category: どうでもいい話  

別に愛校心は無いけれど


実は殆ど逃げ出すかのように大阪を捨てて出たので、今の俺の殆どの部分を形成するのに費やした思春期のその頃のツテや音信はそのときからまったく絶っていた。

先日そのある意味恥ずかしい頃の中学校時の友人にネットで俺の存在を見つけられてしまった!
自主映画に特化してのネット活動だからほぼ接点なんか無いと思っていたし、事実今までまるでそんなことが無かったので油断していたから、メッセージをもらった瞬間何がなんだか分からなくなった。

会社で誰かに話しかけられると脳の検索範囲は会社内の顔ぶれから探すだけなので見当はすぐつく。
例えば自主映画のイベント会場で誰かに話しかけられたとしてもまぁ検索範囲は知れている。PCで言えば階層5個ぐらい下のフォルダの中だけで捜せば良いだけだ。

しかし、これが新宿や渋谷でいきなり声かけられたりしたら「どっから検索かけて良いか」すら分からなくなるので、仕方なくCドライブ全部から検索することになる。
そのせいで、反応が遅れてしまい相手から「冷たい奴」・・・・・・などと言われたりする。
「ああ、すまん。俺人物の顔・名前ははデスクトップに置かないんだよ。」

というのが俺の場合の対人における不具合の正体だ。

案の定、すぐには誰か分からなかった。
まぁ、相手も驚かそうという意図があったせいでわざと名前を名乗らなかったんだが、そういう系の悪戯は俺に限らず割と高い確率ですぐに分かってもらえず(親友じゃなかったのか・・・?)などと少し寂しい思いをすることが多々あるので皆さんもあまり多用しないことをお勧めします。
と、ここまでは「思い出はランダムだから検索に時間がかかるよ」という普遍的な話。
スポンサーサイト
テーマ : どうでもいいこと    ジャンル : その他

初めまして。この場をお借りして質問させて頂きます。

Category: 自主映画雑感  
時間ももう大分経ってほとぼりも冷めたようなので紹介する。
以下はmixiのとある自主映画関係のコミュの中にある質問コーナーのようなトピに立てられた質問。



生徒A

私は映画製作の初心者で、ほとんどと言っていいほど何もわかりません。
ですが、いつか自分も製作してみたいなと思っています。
今は映画脚本を勉強している最中です。

そこで質問です。
自分が脚本希望の場合、監督さんやカメラマンさんとはどのようにして出会えばいいのでしょうか?
自分が中心となり、仲間になって下さる方を探した方がいいのでしょうか?
それとも、サークルさんなどに自分から入会した方がいいのでしょうか?
いろんな方のHPを拝見させて頂いたのですが、脚本はほとんどが監督さんが一緒にやっておられたので、脚本をやりたいと入るのは申し訳ないような気がしてしまいました…。
私は今現在結構田舎に住んでいるし、映画製作も素人なので、もし仲間になって下さる方を募集する場合色々と心配になってしまいます。
皆さんは映画製作を始めた際、どのようにしてこの世界に入ったのかお聞きしても宜しいでしょうか?

素人で失礼な質問でしたら申し訳ありません。
どうぞ宜しくお願い致します。

生徒B



で唯一ついた解答が
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

神戸新聞の7日間~命と向き合った被災記者たちの闘い~ CX

Category: テレビ  
録画してたのを昨日やっと見た。

メインタイトル

俺はこの震災で直接被害があったわけではないが、関西出身としてはまったく縁が無いわけでなく、また知人友人に被害にあった人もいたし、やはり近代日本最大の惨事だったことから当時から他の事件に対してのドライさが嘘のような執着をもってこの手のモノは見ている。
このドキュメントドラマ(←この言葉矛盾して無いか?)は角川文庫ソフィア文庫から出された「神戸新聞の100日」というドキュメントを基にして構成された物語だが、この本は発売直後に読んだこともあり放映が決まった頃から頭にあった。

原作本


今回ドラマを見るに当たって読み直そうともしたが、膨大な本用ダンボールの中に埋もれて探す気にならなかったので読んでない。まぁ、あまり原作とドラマと「ここが違う、あそこは合ってる」とかいう見方をするのもアホらしいと思いなおして読み返さないことにした。
なのでここで書かれていることは特に断り書きの無い場合以外はドキュメントドラマの方を指すと考えてちょうだいな。

でレビューのフリした「思ったこと」。
報道という職業への悪口で一番多いのは「肖像権を含むプライバシーの侵害」だろう。
当事者でも縁故者・関係者でも無いのに被害者・加害者にカメラを向けて撮った写真をデカデカと紙面に載せて全国にばら撒く。その暴力ともいえる職業のアイデンティティを支えるのが「多くの人の知る権利のため」というものだろう。しかし実際そう使われるケースの半分は取材する己に対するよりは相手を納得させるための言い訳の論理として働くことがある(特に加害者に対しては)。
実はこの言葉はそういう二面性を持っているのだけどその矛盾をさらけ出したのが阪神大震災の「神戸新聞」の立場だったように思えた。実際の話、新聞社の被害は大手の朝日も読売も毎日も多大な被害が出た。ただ、それらの大手新聞は中枢が東京に置いている為、決定権を持っているのは第三者だった。神戸新聞と他のメディアとの一番の違いは神戸新聞だけが企業中枢が直撃されたのだ。「被害者当人が報道する」ことで初めて「報道の使命・知ることの権利」という言葉が使い方によって言葉の矛先が異なることに気付かされることになる。
で、輪郭があいまいでも使えたこの「多くの人に知らせる為に・伝える為に」という言葉自体が「けっこう良心に逆らう」思ってた以上に残酷なエッジ(輪郭)を持つ言葉だと知る。
例えば医者や弁護士や警察など直接生命に触れる職業の場合、比較的早くからその職務と良心との葛藤を抑えるための倫理が成立し発達しているが、それらと比べると新聞・テレビが持つ職業倫理は歴史も浅いことと生命に直面することが医療・司法の現場より離れているためダイレクトに結びつくことが少ないせいかまだ借り物的な収まりの悪さを感じるときがある。実はこの言葉はいまもって未解決な問題を含んでいてしょっちゅう議論や喧嘩があるぐらいでとても成立したとは言い難いものがある。でもすでに渦中にいる彼らにはやはりそれにすがりつかなくてはならなかったし、その時は間違いではなかった。


だが、同時に「それでいいの?」という思いもある。

テーマ : 2010年 テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ

ふふふふ。

Category: どうでもいい話  
リアルな演出とエンタメな演出の違いで俺が良く頭に浮かんだり例に使うのが
悪役や敵役が画面の現れた時のしぐさとして笑う「ふっふっふっふ。」というやつ。
辞書で言うところの「含み笑い」というやつ。

本当はネコも笑っているのかもしれない



含み笑いといってもスケベな妄想をした時に出る思い出し笑いは省く。
あくまで悪人または敵役が敵対した相手の前で接頭語または接尾語として活用される笑い。

いつ頃からできたのか分からないが、これは明らかに実際には見られないテレビ・映画特有の現象だ。
いや、小説にも漫画にも見られるので正確に言えばフィクション特有の現象だ。
なのに浸透度の高さは尋常ではない。
プロ・アマ問わずこんな動作は日常では絶対使わないのに書く時になるとこれが無いとどうにもこうにも収まりが悪くて使わずにはいられなくなる。それどころか日常生活の中でも悪ふざけの中ですこし「芝居ッ気を出す時」にはほとんどの人がこの含み笑いをする。
一体この風習はいつからだろう?日本のフィクションでは当然文字の方が先に成立しているが、江戸時代などの戯曲や小説に有ったかどうか分からない。南総里見八犬伝のようなスペクタルものなんか有ってもおかしく無いと思うが、使われ方を鑑みるに会話文を「」で切り離す表現方法の成立以降じゃないかと想像するが古文を原文で読む能力も暇も根気も無いので分からん。

と、まぁこんだけ浸透しているということは「フィクション特有」だと思い込んでるのは自分だけでひょっとしたらリアルな世界にはそういう含み笑いする瞬間というのがある、またはそれの元になっている現象があるのではないかと思い、色々頭の中でシュミレーションしてみた。
テーマ : 映画を見て、思ったこと    ジャンル : 映画

15回目の 阪神淡路大震災1・17のつどい

Category: 日常・雑記  
阪神淡路大震災1・17のつどい


阪神大震災から今年で15年目ということで地元では色々な行事が行われている。
日本は地震国だとずっと言われ続けてきて、過去には関東大震災という実例もあり、戦後もたびたびマグニチュード

や震度の大きい地震が頻繁にあったにも拘らず、都市直下型激甚災害ってどうなるの?ということがまるっきり思い

つかなかったことを露呈した出来事だった。
今日、15回目を迎えた追悼集会のニュースでカメラを向けられた遺族の一人は「忘れて欲しくないから」と言った。


「何を?」


この日のテレビでこの話題に触れたものは殆どが一様に亡くなった方々への追悼と、残された人々への同情と哀憐だった。

この一連のトーンは遺族や被害者の方々の感情では当然のことだとは思うが、それをただ右から左は受け流しはメディアとしてはオカシクねぇ?

第一、思い半ばで逝った人たち一人一人のことを縁もゆかりも無い我々が思いをはせることは不可能だ。
死んだ人を思うというだけなら御巣鷹山の日航機墜落も福知山線の列車脱線も同じだろう。
亡くなった人を思うことで生み出されることは何も無い。死者を思うことは次の地震で何か有利になるのか?
なのに、思い出すことだけを無関係だった人に対して求めるメディアの姿勢は死を悼むことをエンターテイメント化しているだけにしかなってないか?(特にバラエティやワイドショーは!)
テーマ : テレビなんでも    ジャンル : テレビ・ラジオ

『特上カバチ!!』ドラマ初となる「テロップフォロー」導入

Category: テレビ  

番組公式HPより


『特上カバチ!!』ドラマ初となる「テロップフォロー」導入“ドラマのTBS”復活への勝算は?

ドラマとしては初の試みとなる“テロップフォロー”を導入する。芸人が“オチ”を言う際に画面下に字幕が出るバラエティ番組では頻繁に使用される「デコテロップ」と呼ばれる手法だが、ドラマに本格的に取り入れられたのは今回が初。


というニュースを「やほー」で知った。
瞬間、あれ?ドラマ初? そうだっけ?とか思いつつ先を読んでみるとアンケートのページに飛んだ。


ドラマ「特上カバチ!!」では、ドラマとして初めてテロップフォローを導入するそう。
ドラマに「テロップ」、どう思う?


俺の答えは「面白ければアリ」だと思って選択肢を見たら

 ◎あったほうがいい
 ◎多すぎなければあってもいい
 ◎なくていい
 ◎わからない


ええええええ!?
テロップが有るか無いかだけで良し悪しを判断するの!?

ドラマにテロップ導入を初と名乗るのは嘘と分かっていてもそこは営業上の問題と俺の知ってる限りなぜか映像系の人間は奇妙に鼻息が荒いことからそれ自体は別になんとも思わなかったが、このアンケートにはカチンと来た!
俺みたいな映像ど素人でもこのアンケートがあまりにも的外れでバカな質問になってるか分かる。
テーマ : 2010年 テレビドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ

地震予知犬

Category: どうでもいい話  


正確なことはわからんがどうやらカリフォルニアらしい。
事務所内で飼っているラブラドールのソフィはまったりとしていたと思ったら一目散にダッシュ!

その直後にデカイ地震が!


飼い主はほったらかしの冷酷さ※1
とか
停電はしてるのに回っているカメラの謎※2
とか
最初に逃げてるのは練馬の隠居か? ※3
とか
いろいろいいたいことはあるが



テーマ : YouTube動画    ジャンル : その他

禁煙半年経過 一応記念。

Category: 日常・雑記  
何の思い入れも無く、ただ咳喘息の発作が強い時期に吸えなくなったのでしばらくタバコを我慢してたら半年経っちゃった。

後はダイエットの為に昨年の5月頃から始めた3kmジョギングは膝の痛みと走行中の咳発作を避けるため週一回に減らして続行中。
そちらは相変わらず20分の壁を破れない。
昔は11分前半か10分後半で走っていたのにぃ~~~~~!

記録が削れない一番大きい理由は、走ってる最中にほぼ必ず1~2回の咳発作が出て窒息状態になるため、立ち止まらざるを得ないから。

用量守ってないことが多々ある
そんな時には 天使の息吹!
メプチンエア!



しかし1分記録を削るのって 発作が出ないという幸運と大変なしんどさを必要とするのに、1分遅くするってちょっと立ち止まっただけで簡単に達成できるからたまらんね。
割に合わんよ。

毎月毎月の薬代を止めたタバコ代でまかなっているような。
ああ、早く喘息治らないかなぁ。

テーマ : 咳喘息    ジャンル : 心と身体

いま一番嫌いなCM

Category: ドス黒い話  
テレビに映るたびに本気でイラっとするCMはなんといっても高須クリニック。






明らかに金が余って余って何してもヘッチャラだから作りましたという鼻持ちならないテレビ史上最低のCM。
わずか30秒しかないとはいえ描かれてるのは
僕はお金持ってるからこんな格好のいいライフスタイルとってんだぜ~!
という他者を感動させるベクトルゼロのシーンだけ。

本当にどうでもいい話~ウルトラマンの新設定~

Category: どうでもいい話  
ウルトラマンが日本人に与えた影響の大きさを考えるとは国民栄誉賞を与えてもいいぐらいの抜群の知名度を誇る日本のヒーローだけど

ウルトラマン

子供の頃、はるかM78青雲の彼方からやってきた巨大エイリアンと人類文明を脅かす巨大生物の闘いを「絵空事」と知りながら夢中になっていた頃。
その夢中さを理解できない訳知り顔の大人が
「あんな必殺技(スペシウム光線)があるなら、なぜ登場した最初に使わないんだ?」
と抜かしやがった。


ご存知スペシウム光線!



番組的にはせっかく現れたヒーローが肉弾戦無くさっさと必殺技で倒して去っていかれたら盛り上がりも何にもなくなりあそこまで人気は出なかっただろうけど、そんなことは水戸黄門だって、遠山金四郎だって最初から印籠や刺青出しとけば余計な苦労しなくていいのにと同じことだ。とはいえそういうお返しではウルトラマンが必殺技をすぐに出さないことの説明にはなっていない。

そこで新しい設定を考えた。
それが以下。
テーマ : ウルトラシリーズ    ジャンル : テレビ・ラジオ

珍しく宣伝:Quickflick World

Category: 宣伝  
昨年お世話になっときながらまだその成果が実を結んでいない知人の関連する映像イベントの告知を頼まれたのでする!

俺も未知の世界なんだが、その知り合いというのがマヌエル君と言ってアルゼンチンから日本の映画学校に入り日本で映画監督になることを目指して今は卒業して関連した仕事をしているらしい。

マヌエル君
マヌエル君は日本語が完璧で漢字交じりのメールのやり取りができるのだ!


今回のイベントはマヌエル君の人脈を生かしたイベントのようで国際的なものらしい。
以下、紹介文丸写し。

Quickflick World
では世界の素晴らしい才能を持った映像クリエイター達にイン
スピレーションを与え、作品を発表させることでお互いの異文化を認め合い、理解を深めることを目的としています。

Qucikflick は映像クリエイターによる世界的なネットワークで、毎月テーマが決められ、そのテーマに沿った作品を公開しています。また2ヶ月ごとにスクリーニングパーティーを世界都市で開催していますーサンパウロ、ロンドン、ベルリン、バルセロナ、ニューヨーク、メキシコシティー、ブエノスアイレス、ムンバイ、北京、東京、テルアビブ、アムステルダムなど。。最も優れた素晴らしい作品は2ヶ月ごとのグローバルショーケースで世界に公開されます。
このFacebookグループは特に東京で行われるフィルムフェスティバルのために作られています。世界のソーシャルネットワーキンググループへのリンクはwww.qfworld.tv/にアクセスしてください。


とのことです。

で、その1stスクリーニングとやらが1月29日に行われるそうで作品の募集を呼びかけています。
再び以下コピペ

Quickflickトウキョウが2年ぶりに開催!
1月のイベントに向け、Quickflickに3分以内で'SUNRISE (日の出)'をテーマにし
た作品を送ってください。技術的な条件は’レンズフレア’です。応募作品は全
て公開されます!

1st スクリーニング:
場所:Pink Cow @ 渋谷
日時:1/29, 2010 7:00pm
web:www.thepinkcow.com

この機会にぜひ自分の作品を発表してください。
そして
友達を連れてくるのを忘れずに!!

テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

やんごとなきカレンダー

Category: どうでもいい話  
カミさんの実家で新年のご挨拶に行った。


すると部屋の一角に

ああ、表紙はこんなんだったんだ。

やんごとなき一家のカレンダーがあった




1・2月の写真は↓

家族写真といえば家族写真なんだけど・・・。






7・8月がどんなことになってるか、猛烈に気になりドキドキしつつめくってみた!

テーマ : どうでもいい雑記    ジャンル : その他

本当は正月は不便なんだよ!

Category: どうでもいい話  
2010年まずは一日終わりましたが、

注連縄って こんな字書くんだ~

紀文さんのHPから写真いただきました(無断で)




なんか世の中どんどん正月らしさが少なくなってきてるなぁ。

コンビニはもちろんだけどスーパーもファーストフードも全部元旦から営業してるから普段と風景がまったく変わらん!
神社の近くはさすがに振袖や屋台なんていう正しい日本の正月の風景があるがどうも俺の子供の頃と比べると「便利になった」一方で風情や情緒が無くなっていってることは確かだなぁ。

つまり「風情」とか「情緒」とかは「不便なもの」の変形代名詞だったということか。
なんか事業仕分けで蓮舫に真っ先に削られそうだなぁ。

この方昔グラビアまでやってたんですね♪


テーマ : どうでもいい雑記    ジャンル : その他

あけましたね  おめでとうございます

Category: 日常・雑記  

本当は去年のやつ(しかもネットで拾った他人の写真)

どこよりも早い初日の出じゃ!




« »

01 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。