自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせ一度は死ぬのならば

Category: 宇宙が好き!  



50億年後、燃え尽きかけた太陽がどんどん膨張して地球軌道まで膨らんで飲み込まれるところを見てから死にたい。

自分の死後、誰かが墓参りに来てくれるとか、後世に語る継がれるとか、輪廻転生とかの一切の望みが無い完全なる消滅を見届けたかったなぁ。



正気を保っていられるかどうか自信は無いけど。
スポンサーサイト
テーマ :    ジャンル : 小説・文学

音楽は国境を越えた(笑)-上海万博のテーマソング-

Category: 日常・雑記  
時事ネタでちょっと気恥ずかしい小原です。
上海万博テーマソングの件について

上海万博ポスター

インターネットのおかげだと思うが、
「外国からパクることが簡単になった」ことと「それがバレるのも簡単になった」ことが同時に起こったように思えて可笑しかった。
片方だけメリット有るわけ無いんだけどそこはついつい見落としちゃうんだろうねぇ?
それにしても音楽って国境を越えるんだなぁ
という側面をこんな形でも知らされるとは思わなかった。
もうちょっと詳しく言うと
こんなカタチの国境の越え方ってあるんだぁという可笑しさ(※)。

音楽の持つ抽象性の高さがあるからこそ言語の壁を越えることが可能なんだろうけど、とはいえやはりそれぞれの国や民族の歴史の上に成り立っているもののはずなのに、超えるときは簡単に超えるね。
図らずも岡本真夜の音楽は中国圏でも十分に通じることが証明されてしまった。

胡錦濤さん、彼女の「TOMORROW」は日本でも大ヒットしましたが分かりやすいメロディと内容なんでそちらもいかがですか?
できれば買ってくれなくても国民全員に届けたいんですが。
これを聞くと素人でも24時間も走ったりできるほどのパワーがあります


岡本真夜
↑一番良く映ってる奴を探した。



テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

スタン(ス)反戦! うぃ~~~~~~!

Category: 日常・雑記  

スタンハンセン

見え透いた導入でごめんなさい!


単に一度馴染んだ枕は変えられないぐらいの感覚で朝日新聞を子供の頃から読んでるが。この新聞ほとんど何かのヒステリーかアレルギーじゃないのか?と思うぐらい反戦への過剰反応メッセージというか姿勢を貫いてきていてるが、俺の反戦理由と朝日の反戦理由は同じ反戦でも決定的な違いがあるのでこの手の論調はあまり乗れないのだけど、ここ十年ほどで右系の風潮や勢いがやや勢いづいているせいか最近も金切り声を上げて「反戦」している。
俺が新聞記事の中で一番好きなのが読者投稿欄なんだけどほぼ1週間か2週間に一度は戦争特集をやって体験者の方々の悲惨な経験を募って投稿している。
集められた投稿記事は基本的には「敗戦」によって降りかかった悲惨な体験に集約されていて、いってみれば
「戦争なんて負けたらこんな大変で不幸でつらい目にあうよ」
ということで反戦を訴えている。

俺たちの世代にとっては「お箸は右手茶碗は左手」ぐらいの当たり前加減で反戦感覚というのは植えつけられていてそれはそれで立派に洗脳されてるともいえるのだけど、それだけになかなか気が付かなかったのだが
「負けたら悲惨だから反戦」ってのは「反戦の根拠としては弱過ぎないか?」と3年ほど前から気になりだした。


朝日新聞題字




テーマ : 軍事・平和    ジャンル : 政治・経済

小原さん・・・あなたの映画の才能は・・・・。

Category: 俺の活動  
もう一年以上前のこと。

とある知り合いの主催する上映会で作品持ち込んでかけてもらった後のこと。
簡単な打ち上げのような食事会でとうぜん映像についての話題に偏るわけだが、そんなネタで盛り上がっていたときの中で主催者の方が声を押し殺し、言い始めた。

「小原さんは・・・・

小原さんは・・・・・えっと・・・・・・

あの・・・・・

申し訳ないんだけど・・・・・

本当!に申し訳ないんだけど




映像に関しての・・・・才能は・・・・・・。










テーマ : 懐かしい思い出    ジャンル : ブログ

命がけで遊ぶ!

Category: どうでもいい話  
いつにもまして今日は意味無し、オチ無し、恥も外聞も無しの書き散らし。

ええ、そりゃぁもう今の時代の子供らが同じことしたら親や教師がぶっ飛んでくるような遊びをしてましたよ!

スタンドバイミー
今日の出演者の皆さん

東大阪市の東端っこにあった池島というところに住んでいたが、その町の概要を簡単に書くと元は条里制度(大和時代の頃の土地制度のこと)の痕跡が残る田園地帯でだけど半分は新興住宅地にすべくざくざくと埋め立てられてにょきにょきと一戸建て庭なしマッチ箱住宅が建てられていた。そんな町。
いい具合に田んぼとため池とボタ山と大量の各種資材が揃う、子供にはこれまたけっこうな舞台仕掛けで、毎日することに困らないくらい遊んだ。

かくれんぼをしてたとき。鬼になった俺がプレイヤーの姿を求めて周りをこわごわ探し始めたとき、岡崎くんという一人のプレイヤーが横っ飛びにあぜ道の脇の草むらに飛び込んだのが見えた。
「一人見つけた!」と思い一度陣地に戻った時に
背後から蚊の鳴くような声で「タイム~~~~~~・・・・・。」
というセリフが風に途切れながら聞こえてきた。
「なんでや?」と思って振り返ると岡崎君が片方の顔を被ってとぼとぼと歩いてきた。
と思ったら指の間から血がポタポタポタ!とこぼれてきた。
「どないしてん!?」
岡崎君がヘッドスライディングした草むらには鉄条網をとぐろに巻いていたデカイ木枠が放り投げてあり、彼はそこに頭を突っ込んだので額から片方の目じりをざっくりと切ってしまったのだ。

 鉄条網!



当時着ていた俺の白いパーカーは彼を自転車に乗せて家まで送っている間に背中を血まみれにされた。
結局彼は病院で5針ほど縫われたそうだが、翌日見舞いに行き、派手で痛々しい包帯姿の岡崎君の元気そうな姿に安心して帰ろうとしたらいつの間にか包帯だらけの岡崎君が後ろについていた。
「お前何してんねん!?」
「またかくれんぼやろう!」
彼の中ではあのかくれんぼうは中断中だったらしい。
熱い奴だったぜ!
テーマ : 懐かしい思い出    ジャンル : ブログ

肛門の秘密

Category: どうでもいい話  
人前で「ちんこ!」と叫んでもちっとも恥ずかしくも無く、聞かされた方もニコニコと笑って済ませてくれたクレヨンしんちゃん時代が俺にもあった。


クレヨンしんちゃん


ある寒い冬の日。弟の二人部屋でまた~りとした夕食後の一時を送っていた時。
ふと俺が頭に浮かべた疑問を弟にぶつけた。
「肛門ってなぁ、屁したときどんな形になるんやろうな?」
「はぁ?」
「ウンコするときって分かるやん。でかい塊が出てくるんやからシワシワの穴が広がるんやろう?」
「せや」
「ほな、屁こく時ってどないなんねん?無色透明の気体が出てくるんやから何も無いのに勝手に穴が広がってすぼむんか?」

まだ浅い人生しか過ごしていない幼少期は下ネタも大事なコミュニケーションツール。
俺と弟の頭の中で肛門がどんな形をして運動するかを考えると段々こらえきれないおかしさがこみ上げてきた。
さんざん膨らんだ想像の果てにあるのは「一回見て見たい!」しかない。

「あ、来た・・・・。」
弟が最高の機会が来たことを告げた。
テーマ : 懐かしい思い出    ジャンル : ブログ

秘密基地の秘密

Category: どうでもいい話  
ウルトラ警備隊は富士山麓の地下。国際救助隊は海の孤島に。科学忍者隊はサンゴ礁の中。


世界で最も有名な秘密基地(秘密じゃないw)
世界で最も有名な秘密基地(・・・秘密って)


小学生の頃の俺の秘密基地は送電鉄塔の柱にベニヤ板をトランプのブリッジのように組み重ねて作った3階建ての小屋だった。
恐る恐る乗ってみたらピクリともしない頑丈さに喜んで、さらに頑丈さをアピールしようとジャンプしたら単に脆い造形物に下ろされた破壊のための一撃にしかならず、長い時間をかけて作った大事な秘密基地は自然落下の法則と速度でゴミ捨て場に戻った。その感覚は今でも覚えていて、ふわりと足が何も触れず身体を支えるものが何も無い時間と同時に上下が分からないくらい回転させられて周りの認識が得られるようになったら仰向けV字腹筋していた。
したたかにケツを打って友人達から爆笑を得たものの、あまりの激痛に呼吸が出来ず脂汗を浮かべて歯やら唇やら目やら穴という穴全部を食いしばっていた。
釘や針金などの固定器具を一切使わず薄い板だけで高さに挑むのがそもそも間違いだけど途中までは上手く行ってたんやぁ!

俺の世代の前後10年ぐらいはみんな子供の頃は「秘密基地作り」が遊びのメニューの中のメインディッシュに並べられていた。特にスポーツを覚える前は虫を捕まえるか基地を作るかだった。
まだ空き地というのが広大に残っていた頃だったので秘密基地建設の場所や材料はいくらでもあった。なので時や場所を変えてあちこちで秘密基地作りが行われていて、田んぼやため池を埋め立てたばかりの空き地に作られた資材置き場はなんかは近所のガキどもが一斉に思い思いの基地を作っていた。知らない人が通りかかったらなんかの動物が大発生して作ったコロニーのように見えたかもしれない。
でもよその基地の隊員同士は意外と顔を合わさないのでそれぞれ他所の基地から材料のパクリ合いなんかもあったり、壊しあいもやったりしてて。決して牧歌的だったわけでもない。


正しい秘密基地
正しい秘密基地



テーマ : ひとりごと    ジャンル : 学問・文化・芸術

女体は磁石!!

Category: どうでもいい話  
若い女の子がミニスカートや襟ぐりの広いシャツなどを着て露出度を跳ね上げてるくせに些細な目線だけでも送ったら「スケベ!」とか「ジロジロ見ていやらしい」とか「エロ脳」とか「自主監督」とか言ってくれるのは罠にしてもエグ過ぎると思うのだが、
一度この女性の意見というか態度にきっちりと反論しておきたい!

正当派足フェチ向け画像   ど、ど、どうしてほしいのか? 

おっぱい倍   本当は女子高生はあまり・・・・


そもそも女性全部に言えることだが、
あなた達は自らの肉体が男という生物にとってどれほど強い吸引力を持っているか全然分かってない!

鉄と磁石があるとだなぁ、鉄がどんなに真面目だろうが他の事に集中していようが、修行中だろうが、皇居参拝中だろうが、ヤクザの事務所で一人ぼっちで囲まれていようが、磁石があるとそこに吸い付くだろう?


それと完全に一緒なんだよ!


磁石と言ったらこれ



ソメイヨシノの樹齢って?

Category: 日常・雑記  
若干の俗説を交えて 桜についての四方山話。

桜といえば殆どの日本人はだいたいソメイヨシノを指す。
俺の最も好きな花で、辛い冬を乗り越えたことを祝福するようなタイミングで咲き乱れるところなぞ四季のメリハリの強い日本の気候を最も象徴する木なのではないかと思う。
理由は違うだろうけど節目を大事にする日本人のこの花に注ぐ愛情は尋常ではなくこの季節の光景にとって欠かすことの出来ないモチーフである。

千鳥が淵の桜


で、この花(というか木)。
実は江戸時代に生まれたという比較的歴史の浅い種であるにも拘らず人工交配説・自然交配説と両論あって誕生の由来が定かではない。しかし日本人の趣向によほど合ったのか今では日本の桜のうち8割がソメイヨシノなんだそうだ。
ところでこのソメイヨシノ。交雑種(ハイブリッド)特有の欠陥があって子孫を残す能力が無い。そのため誕生から今に至り日本全国に生息域を拡大したのは100%人間の手による挿し木によるものだ。
したがってソメイヨシノはすべて同一のDNAを持つクローンだ。
だからこそ一糸乱れず一斉に咲くという芸当ができるのだが、同様に一斉に同じ病気が広まり地域全滅ということにも簡単になる。またハイブリッド種につきものの免疫の弱さも持っているため管理は難しい。とにかく種から育てることが出来ず、またどうやって生まれたのかという謎が解けないため品種改良が使えない。これほどの人気にも拘らずいまだにもう一つ別の新たなソメイヨシノの開発が成功していないという不思議に見舞われたとてもミステリアスな一面を持つ。

桜のアップ


「戸籍も無く日本中のどこにもその誕生も成長も所属の記録も無く年齢も分からない正体不明のまったく同じ顔をした謎の美女の集団 ~SAKURA~」みたいなストーリーが作れそうだけど。
で、このソメイヨシノのもう一つの謎が「寿命が分からない」ということ。
都市伝説的に60年説というのはあったが、はっきりと記録の分かるもので100年を超えるものがある(弘前城跡公園・by Wikipedia)のでまぁその位は有るだろうということは分かっているけど歴史が浅いのでまだ最期を看取ったものが居ない。

で、ここからもう一つ俺の聞いた都市伝説(by 実弟)。
テーマ : 季節の話題    ジャンル : ブログ

起爆装置が作動しました。

Category: どうでもいい話  

飛行機の機内写真



飛行機の中で、隣の人が凄い嫌なやつだった場合の対処方法

1.静かに落ち着いた様子でノートパソコンを取り出す

2. ノートパソコンを開く

3. 起動する

4.隣の座席の嫌な野郎が、画面を見ているかをチェック

5. 目を閉じて、頭を上に向け、じっとする

6. そして、[このLINKをクリック]する







テーマ : 楽しむ系    ジャンル : お笑い

ゴミは持ち帰りましょう。

Category: どうでもいい話  

やっぱり遠くから見るもんだよね



世界最高峰の山エベレスト(標高8848m)には毎年世界中から登山家達が集まり地球の最も高い位置からの眺めとその頂に立つことを夢見て集まってくる。
随分昔に新聞かニュースかで登山家達が放置した酸素ボンベ登山備品・缶詰・燃料缶などなどのゴミがたまってきて自然の景観の破壊あるいは自然界のバランスが壊れ始めてるという話を聞いて胸を痛めて(w)いたが、つい最近ネットで衝撃の事実を知った。

置き去りにされた登山家達の死体が
年々増えていってるのだ!

幸せまみれ

Category: しあわせコレクション  
目が覚めたらお天気が良くて幸せ


広げたカーテンが一発でぴったり全開になって幸せ


電線の雀の数が丁度7羽で幸せ


バターナイフで取ったバターの量がぴったり一枚のパンを塗り終わって幸せ


セントバーナードのルドルフの体当たりが今日もミゾオチに決まって幸せ  ゴホゴホ!


起きてからたった5分でこれだけ幸せだともうどろどろに溶けちゃうかも


昨日と同じ今日で幸せ

幸せまみれ

テーマ : 日常雑感    ジャンル : ブログ

夢現(ゆめうつつ)の花

Category: しあわせコレクション  
大事に大事に育てていたお花が今日咲きました。



私の一番大事なお花の花言葉は「夢現(ゆめうつつ)」。



部屋一杯に花の香りが広がって眠ってないのにあの世に行っちゃいました。



と~ってもしあわせ。


ラフレシア大好きっ子


テーマ : 日常雑感    ジャンル : ブログ

こんなところまでロマンスグレイ?

Category: しあわせコレクション  
みぃーな、日曜日に鼻の穴見てたら白いものが見えたのね。
いやだ。鼻毛に白髪?

悲しくて泣いちゃったわよ。

大きな化粧台の鏡を見たら他にもあるの。

悔しいから一本一本しっかりと抜いてやったわ。

「好き」
「嫌い」
「好き」
「嫌い」








「きゃっ!好き!」



5本!


ほ~ら、やっぱり両想い(はーと)

鼻毛占い



テーマ : 日常雑感    ジャンル : ブログ

幸せのかたまり

Category: しあわせコレクション  
アツアツごはんでつくったおにぎりは しあわせ。



白いおとうふと遠慮がちなネギのお味噌汁はしあわせ。



塩だけで味付けして転がして焼いた玉子焼きはしあわせ。



おなかの中に二合半のしあわせでいつも動けなくなる。


しあわせのテンカウント。


おにぎりは具なし塩だけ以外は全部邪道。

テーマ : 日常雑感    ジャンル : ブログ

« »

04 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。