自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪雑記残り物

Category: 日常・雑記  
大阪河内育ちの自分にとって生駒山は地域としてではなく記憶や時間のランドマークでもあるんだが、奈良に引っ越してからは長く裏側(奈良側を裏というのも気が引けるが)からしか見られなかったが、久しぶりに生駒山を眺めた。
というのもこの山、河内の人間にとってはメモリアルな割りに標高はさほど無い。

わずか642m!

ザ生駒

で最近このことが俺の中でちょっとした衝撃を受けた事柄と関係ある。
っていうのも新しく移転した職場の事務所がこの前オープンしたばかりのスカイツリーの近所で、独立電波塔としては世界一のこの冷凍みかんの網みたいな塔を毎日見てるんだがこの高さが

なんと634m!

スカイツリー

関東平野のだだっ広い感覚を持たない関西系~西日本の人間にぜひお伝えしたいが、まっ平らな関東平野の真ん中にぽこっと孤立して立つスカイツリーの光景って結構違和感あるぜ。
大地に立ってるというより、大地に刺さった針(異物)みたい。

子供のころから見上げていたあの生駒山と(ほぼ)同じ高さのものを人間が作っちゃったんだ・・・・・はぁ・・・、と。
スポンサーサイト
テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ

大阪雑感 書キ散ラシ

Category: 日常・雑記  
GWに奈良に帰省したんだよ。
年々見るたびに小さくなってく母親に会うのが嫌になってきている。
もう自分にとって変化はカウントダウンだということに気づき始めてることが嫌なのだ。

という感情を押し殺し
2泊3日の中日に豊臣秀吉のファンであるカミさんを大阪城~浪速めぐりに招待した。
つっても俺が単にしゃべるばっかりなんだが。
もともとは河内の大阪人だが大学のころ奈良に引っ越したせいで大阪からはほとんど遠ざかってしまい、ここに足を向けるのはインディーズプラネットという自主映画イベントのとき以来・・・だがそのときはイベント以外見てないので、そうなるとじっくり歩くのは20年ぶりくらいになる・・・・。

で、せっかく活躍したデジカメの写真をUPして趣味色の強いブログにしようと考えた。

以下、書き散らし。


いきなり変化してたもんね


■近鉄石切近辺から大阪方向

石切からの大阪平野


■大阪城ホール「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」コンサート

鶴橋駅で近鉄から環状線に乗り換えるときの人ごみの中に所有物と年齢と性別とファッションにある種の偏りがあったので、すぐに誰かのコンサートがあることは分かったが、大阪城ホールの最寄り駅に着くとすぐ分かった。
きすまいコンサート
テーマ : 写真ブログ    ジャンル : ブログ

金環日食~~~ぅ!

Category: 日常・雑記  
撮影成功!

金冠日食1

毎回毎回、日食といえば金環にしろ皆既にしろ平日の外国でばかり起こるのでニュースかワイドショーでしか見られなかったのが、やっと貧乏で小器用に生きられないど~~しようもない庶民の頭上で見られる超希少な機会だってんで3年前から楽しみにしてたんだが、なにしろ相手はまったくの大自然。月と太陽の連携は取れてても、大地と雲とはまったく連携をとる気がないため、せっかくの邂逅もチャンスもやけにあっさりと雨・・・とかなってもぜんぜんおかしくはない。
なもんだからどうせ今まで見れなかったんだから変に期待して夢膨らませてがっかりすると耐えられなくなるかもしれないので逆にその日が近づくほど期待しないようにしていた。
そのせいで爆発的に売れた日食グラスも買った途端に捨ててやった。

杉ちゃんだぜ~m

ワイルドだろう~~?
テーマ : 金環食・皆既食    ジャンル : 学問・文化・芸術

2012年人類滅亡説

Category: 日常・雑記  
今年の12月20日~22日に人類が滅亡するという噂があることを今の会社で回りに話しても建設系の事務方の連中にとってはまるで聞いたことのない話に違いなく、真剣に話せば話すほど「面倒くさいやつ」扱いになることは明らかだ。
(っていうか、なんで何日も候補日がある予言て予言としてどうなのか!?)
人類滅亡2012_22(55%)

今回の滅亡症候群の病原体は古代マヤ文明に残された暦に由来するものでちょうど今年の12月22日が節目となりそこで人類が滅びるというものだ。

前世紀に「ノストラダムスの大予言」での大騒ぎでマスコミ・メディア界は「終末論・滅亡論」は儲かるという経験をしたため、根拠が薄弱ながらも二匹目と三匹目のドジョウを狙って無理やり騒ぎ立ててるものだ。そのノストラダムスを経験した人間から見ればこの2012年滅亡説は語呂の悪さといい区切りの悪さといい完成度は低く胡散臭さはダダ漏れ。しかし、世紀末を経験してない今の若い人には新鮮らしく、不安感をわしづかみにされた彼らの悲鳴はネットの上では田んぼのバッタのようにあちこちでヒステリックに飛び跳ねている。
小学生のころノストラダムス騒動の張本人・五島勉症候群にもろに当たった自分としては今の彼らのパニックをあまり笑えないのだが、それにしてもなんかUFOも心霊も超能力にもハマってるというオカルト人間がこういう滅亡説を信じてるのはまだしも、この流行に載せられてオカルトに興味のなかったものまでもが不安に刈られてると、こちらはついつい「くだらないからまともに相手するんじゃない」ということを言って不安を取り除いてあげたいと思うのだが、驚いたことにいくら論理的にも科学的にも正当な反論をしても彼らは一向に安心してくれないのだ。

その強固さは何にあるのかというと、まぁ若い人に共通する未来が不透明なことから来る本能的な当たり前の反応に起因するものと、あとは滅亡を連想させる社会事情が雰囲気作りに役立っているからだ。

マヤ遺跡


テーマ : 予言に関するもの    ジャンル :

« »

05 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。