自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ!

Category: 日常・雑記  
賛成派も反対派もあんまり認識していない
テレビの地上デジタルへの移行についての知識。

tidezidatidezi


いや、そもそもなんでテレビ放送がデジタルかされることになったのか?ということだけど
それだけの大容量のデータを送受信できるようになった通信技術の進歩というものは当然あるわけですが、どちらかというと、携帯電話の常識外れの普及がそれまで使用可能だった電波帯を埋め尽くして空きがなくなりかけているからです。
ただの音声通話だけなら問題なかったのですが、ワンセグやらなんやらのおかげで今では鑑賞に堪えられる音楽が送られ、さらに画像が見られるようになってさらに動画が見られる。そんな莫大なデータを電話でやり取りするようになるとアナログ帯域では処理しきれなくなるし、今まで一家に一台で済んでいた電話がパーソナルツールとなったために電話番号が足りなくなると同時に、電波が割り当てられなくなるからです。

なのでこれまでのアナログテレビの電波帯域を高度なデジタル帯域を使うように移行し、その空いた電波帯域をこれからの携帯ユーザーのために開放しようというのが地デジ宣言です。

つまり、この話しの「主」は携帯電話の高度化であり、「従」はその為に割を食って追い出されたのがテレビだということです。地デジ宣言は見方を変えればテレビ側の敗北宣言ですw。

ま、そういう大義名分のもと怪しげな企業やシステムも暗躍しているし、地デジ電波は直進性が強く反射しないので受信障害に弱いとか、設備・装備が不十分でサービスが受けられなくなる地域がでる恐れとか色々問題がありますが、それらは瑣末な話です。
つまるところ、あまり格好よく進んでいるわけでは有りませんが、携帯電話の利便性を追求したり受容したいのであれば地デジを受け入れるしかないんですよ奥さん!
というのが今の流れです。

で、どういうわけか本来ならテレビと携帯がワンセットになってる問題なのに、まったくバッサリと別々の話に分かれてしまったのはどういうわけなんでしょうね?
 
もし、地デジ対応に懸かる機材の買い替え費用がどうにも馬鹿馬鹿しい!と思ったあなた!
安心してください!
地デジ放送開始とともにワンセグの番組やチャンネルも始まります。
テレビなんてものはその殆どが見なくても人生に何の損も得もありません。

まぁ強いて言えば
動画コンテンツが圧倒的に不足しますから難民自主監督もこれから少しは暮らせるようになるかもしれません。


さしあたって、多分「新しい才能を羽ばたかせるチャンス!」というキャッチーなコピーでゾロゾロと映像コンテストが誕生することでしょう。

それがさらに新たな難民を生み出すことになると・・・・・・。


↑こういう物言いしか出来ませんが、俺自身は「多様性であること」と「選択肢が広がること」が何より大事だと思っているので、こういう動き事態は賛成です。





目にした耳にした事柄を何でも自主映画に結び付けて考えてしまう。
それこそまさに自主映画まみれと言わんでなんとする!





バイクがかわいそう

※本文と写真は関係ありません。
スポンサーサイト

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。