自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失神 初体験~♪

Category: 日常・雑記  
前にもちょろっと書いたけど今の仕事は小型無線電気会話装置の鉄塔建設の進捗管理なんだが
前の職場だった家庭電話の子機のシステムから発展しているPHSは出力が小さいので設備もそれに応じて小さくてすんだが(マンションのベランダにも置ける!)
無線機のシステムから発展した携帯電話の方はアンテナ基地局も桁外れに巨大。
設置工事も電気工事というより完全に土木工事。
扱う対象が何もかもがとにかくデカイ。

で、これまでの日雇いも含めて多くの職場で働いたがこの職場がそれまでと一番大きく違うのが
人が死ぬ

それもちょっとしたことで。
些細な間違いや勘違いやミスというのは人間日常誰でも起こすがその結果があっという間に彼岸に跳んでしまうのがこの業界。

というわけでとりわけ安全研修・教習に力が入るんだが、
先々週とうとう一連の研修の締めくくりとして
実際の事故写真の披露と鑑賞という目に合った。

前日の喘息発作のために2時間しか寝られていない寝ぼけ眼で3時間の講義。
その前半はもうこっくりこっくりで講師に二度も怒られた。
と、思っていたらグロ写真。


 
6000ボルトの電極に金属(スパナ)を当ててしまいスパーク。
半径6mの爆発の中にいた人の上半身と部分写真。

さらにコンベヤーに掌をとられて手袋のように手の皮がなくなった写真。

折れたサンダーの歯が顔面を直撃し、顔の左半分がパッ・・・


などなど約30分。

で、要領のいい人はちらちらと盗み見ているが、そういう「人が人でなくなる刹那」とか「人でない物」とかに強い関心と興味を持っている俺はそれらの写真を誰よりも注視してしまった。

そのうち眠気がドンと脳みそを後ろから押されたような感覚に襲われた。
で、意識と無意識の中間に思考を置いたまま両足がものすごい貧乏ゆすりをはじめた。
今思えば「どこまで足が速く動かせるか!」みたいな思考ベクトルが向いていたと思う。

で、体を揺さぶられて「意識が跳んでいた」ことに気づいた。

格好の悪いことで。
講師に後で「情けない奴やなぁ。現場で誰かがこうなった時にお前は役に立たないぞ。」
というのは根性論ではなくて実際の運用面で必要な能力のことだと分かっているけど。

いや~、事故や戦争や殺人の死体写真は全然平気だったんですが・・・・・。
オレのお袋は元看護婦だったが初めての手術の時は立ったまま意識が跳んでたらしいが、
そういうわけでたくさん見れば慣れるんだろう。

っていうか、そういう仕事だとは思っていませんでしたがな。

つうかそのあと写真の事を喋っても思い出してもなんとも無いんだがあれは何なんだ?
スポンサーサイト

Comments

付け足し 
人間をあんな壊し方するって言うのがもうね。
巨大な重量を吊り上げる、莫大なエネルギーを送り届ける、強力な力で削る掘る埋める。
それによって人間が出来ることが飛躍的に高度になって増えたんだけど、些細なことで簡単にその技術が人を裏切るし、それによって受けるダメージがまさに「人扱いしてくれない」結果を作る。

一体人間は何を作ってるんだという気が少しね。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。