自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣かせる映画なんて簡単だ。

Category: 自主映画雑感  
笑わせることに比べて 泣かせる映画なんて簡単だ。

映画に限ったことではないが、フィクションの物語を作るときの
方向性として泣かせることは簡単で、笑わせることの方がはるかに難しい。
泣かせ=真面目、笑い=不真面目 という古くから伝わる日本人のバカバカしい価値観を基礎に、さらに「良いお話」「正しいお話」に対しては無審査で絶賛しないと自分が悪者になるという既成概念(というよりもはや事実!)から確立された「パブロフの犬」化によるものだ。「翼をください♪」を子供が歌っている曲が聞こえたら泣かなくてはならない。
だから商業映画だろうがマンガだろうがこと「泣かせ」に限っては恐ろしいほどバリエーションが少なくレベルが低く、底の浅いものがまかり通っている。実際、製作する方は「どうやったら簡単に泣かせる作品を作れるか?」という方程式を持っている。
いや、それ自体はエンターテイメントを産業とする上では絶対必要なことなのでかまわないことなんだが、先に書いたように「パブロフの犬」化している日本人向けにはそのハードルはめちゃくちゃ低くなっている。
いや、もう顕著に「道具さえよければそれで十分」というお粗末な(それでいて正解な)方程式にしちまっている。これは一概に製作側が悪いのではなくて、そんなちんけな作品で「号泣しました!」自慢する純粋ちゃんが山ほどいるから、合わせてやらなければ仕事にならんのだ!


解釈やツッコミや論理なんか無くてもいい!
だって彼ら(登場人物)は、頑張ってるから~~~~!




もう俺の視野から消えてください!

それを顕著に受け継いでるものがたくさんあるのが自主映画・・・・・・。
つうか、プロの人たちは軽薄さを誤魔化すためにいろんな苦労や手段でそれを補っているというのに、そこは理解せず「泣いてる役者と音楽があればそれが泣かせだ!」と短絡しているものが多いこと。それでいてそんなつまらんものに泣く客が実在するということ!
もう何の宗教かいな。

「笑い」が原則、見る側の予想・期待・想像を裏切りながら同意(笑わせる)させるという相反することを必須なのに比べて、シチュエーションも限られ道具も限られ、がんんじがらめだけど,それがもっとも最良の手。なんて簡単すぎて・・・・・・。

「純粋だから素晴らしい」君を泣かせる程度でいいなら俺すぐ脚本作れるぜ。
 
なんちゅうか、自主映画って言ってもその中でまぁ趣味・娯楽で作ってる群に含まれる作品なんてのは「文化祭の生徒のオリジナル芝居」や「市民・区民文化教室のご老人会作品」なんかだから、そこに高い質を求めるなんてことが間違いだと思ってはいたけど、最近分かったのが「趣味娯楽でやってる人だからこそ、作品にその人の本音が出ている。」といっていいと分かった。プロの作品はそんなことで本音がちらつくような下手はなかなか打たない。
 つまり「なんか辻褄が合わない、薄っぺらい、本質を追わない、考えない のに感動泣かせ作品を作る輩は、作者個人も「沸かした牛乳に浮く脂膜のように薄っぺらい論理家」か、「なんにでも流される背骨の無い感情派」か、「物事を一方向からしか見ない脊髄反射野郎」ばかりで 何回も経験したがそういう輩とははっきり言って日常会話をすることすら苦痛。
物事を多面的に捉えないから話しが単調で広がりも深みも無い。












え~と、今日俺って一体何に怒ってるんでしょうか?
スポンサーサイト

Comments

まぁまぁ 
そういう夜もありますよ。


今週末、宜しくお願い致します。

ゴリラの件は コチラで段取っておきます。
後でメールします。


押忍!

ムラムラやムカムカな気持ちにはスポーツ(炎天下の撮影)が一番!!

汗を流せば、そんなキモチ、昇華して忘れてしまいますよ!アッハッハッハ!!



暗く締め切った部屋でもう三週間携帯が鳴らないのできっとボクハ携帯を持っちゃいけなかったんだ一ヶ月ブリに外界に出たらコンビニのお姉さんがボクに「おにぎり温めますカ」と優しかった。ふん。無理しちゃって。店を出て見上げたコンビニの看板が不意にヨク見えなくなって空を見上げたのは何年振りだろうペ?ヨンジュンみたよに優しい人になりたい。前を歩く若い女子が小走りで逃げた。ああああボクハ夜道の正しい歩き方も知らないでも温めたおにぎりがビニール袋越しに太ももにあたってガンバれガンバれと


ズキュン! 
と痛い所を突かれてしまいました……。
純粋ピュアなボクちんは、どうしても同じようにピュアな人が号泣するようなお話しか書けず、これじゃいかんなと思って、悪徳イーブルなさとけいさんの毒を注入しようと、一緒にお話を練っているところです。
取り急ぎレス 
>はまだくんへ
はあぁ…ぁ!ま……ぁだ………っくう……!ん…んっ!!もおぉう………!す…うう…っっ…かぁあぁ!りいぃぃ暑…っ!く…なぁぁ……ぁ!っ…!ちゃああああ…っ…!た…あっけえええ!ど…ぉおおぉぉ土……曜……!日…よお……ろぉ……おぉっし…ぃくうぅ!!でぇえ…っ!もおおぉ!男……はぁ…あぁ外……!でぇぇっ泣……い!ちゃ……ぁだあぁ…めぇえだ…ぁあぞぉおぉ!

>佐藤智也くんへ
さぁ……ぁ!とお…おっけぇ…っい……を………!信…!じぃいぃ!る…ぅぅうなぁぁ!次…のおぉぉオオ…ッカァ…ア!ズ…ッはあぁ君!のお可っ!能…性…だぁぁ!っ…てえ……あ…あっるううぅぅんんだあ……かぁあぁ!ら…なあ……!
No title 
>笑わせることに比べて 泣かせる映画なんて簡単だ。

簡単だっていうんなら、泣かせてもらおうじゃないか、え?

笑いも涙も難しいよ。
どっちが楽か、なんてバカバカしい発想は、俺のような高級な芸術家はしない。

安直な泣かせが流行っていることは確かだが、安直な笑いだって腐るほどある。

けど、腹抱えて笑わせるのも、魂震わせて泣かせるのも、どっちも簡単にできることじゃない。
来ると思ったよ。 
>さとけいへ
あ~~~めんどくせぇ

>簡単だっていうんなら、泣かせてもらおうじゃないか、え?

あれ?どれどれ自分の書いた奴を一応確認しておこう
>「純粋だから素晴らしい」君を泣かせる程度でいいなら
ああ、よかった初めから条件付けしてあったよ。

>俺のような高級な芸術家はしない。
すまん!ずっと前から言おう言おうと思ってたんだけど、つい寂しくて甘えてしまったが
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
俺のブログは初めから高級な人間は相手にしていなかったんだよ~~~。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。