自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃になってなんだけど イチロー。

Category: 日常・雑記  
日本でレギュラーの座を獲得してから一度も首位打者から落ちなかったイチローが大リーグに行くといったとき
既に野茂の大活躍のあとだったから メジャーリーグも未知の世界への冒険ではなくなっていたんで十分にレギュラーとして定着するだろうぐらいは想像してましたが
ここまで凄いことになるとは思っていませんでした・・・・・・。

イチロー


一年目で首位打者で盗塁王でMVPっていうことで下半身から力が抜けるような驚きがあったけど、それ以降しぼむどころか首位打者もう1回、最多安打5回、日本の3倍近い球団数なのにわずか1試合しかないオールスター戦にずっと選ばれているし、・・・・・。
他の選手が頑張っているけどイマイチ華が無いのと比べるとなんちゅうかこの男の現役が見られる時代に出くわしてることに感激するね。

後世の奴らをうらやましがらせたいのでもっと多くの伝説を残して欲しい。

それにしてもイチローの言葉の豊富さが嬉しい。
彼のインタビューは多彩で文学者のように現象や心情を分析して飾ることに長けている。
野球以外のスポーツ全選手の中でも特に言葉に優れているアスリートだと思う。
この前の9年連続200安打のインタビューでその記録を達成したときの気持ちを
「『嬉しい』ではなくて『(できて)良かった~。』なんですよ。
開放されるそんな気持ち。」
と語った。
頭蓋骨内まで筋肉で出来てる人間にはそんな些細な区別が自分で出来ない(また必要がない)。
だから聞かれたことにも素直に『ステレオタイプ』な言葉で自分の感情を披露する。
それが感情を貧相にする・・・・。
これまでのヒーローインタビューのつまんなさは頭と言葉を使う必要の無いアスリートにしゃべらせるという無茶ブリでしかなかったのを彼が変えた。

イチローはこれまでの数々の晴れ舞台で感じた感情を単純な「嬉しい」だけではないことに気付いたし、じゃぁそれが何だということにも考えが及ぶ。
言葉が精神を豊かにし、豊かな精神が言葉をさらに芳醇にするというスパイラルに身を置いていることが彼をますますインタビューしにくい人に押し上げているのだと思う。

彼がこれまでの多くのインタビューの中で時折見せるインタビュアーへの反発も
『つじつまが合わない質問』だったり、『思考が行き詰ってノープランで発した発言』だったり『本当に意味があって聞いてるのか?というステレオタイプ』の質問の時に多い。これは明らかに言葉で思考する人間だからで、言ってみれば『何馬鹿なこと聞いてるんだ?』ということがハッキリと分かる人なんだろう。

あと何年現役でいられるか分からんが引退したらぜひ彼には小説を書いてもらいたい。
トップアスリートの細やかな心情を冷静にかつ適切にかつ効果的に描き出すものを。
 
ところで昨夜のチラ見のイチロードキュメントで初めて知ったんだけど
9年連続200安打を可能にするのは技術だけでは無く、
チームが万年最下位で チームメイトがすっかりやる気をなくしてダラダラしてても、大量点で大負けしている9回ツーアウトからでも前にボールが飛んだ瞬間(それがボテボテの内野ゴロであっても)全速力で一塁ベースに向かって走れる鋼鉄の精神を9年間持ち続けなければならないことだと知った。

昨年まで毎年起こったシアトルでのイチロー叩きはそういう『何必死こいてんだよバーカ。』とか言ってるチームメイトの誹謗中傷のリークが元ネタだったそうだ。
そこで毎年200本ヒットを打つってんだからそりゃぁ抱きしめたくなるね。

大リーグにはヒットを打つ技術や早く走る能力に関してはイチローと同じかそれ以上のものを持ってる人間は他にもゴロゴロいるんだよ。
また回りがどうであろうと空気も読まずに全力で自分の道を行くという頑固な奴もいるんだよ。
ただその両方を持ってる人間が大リーグでは
100年間いなかった。


イチローの大記録の意味はそこにあるんだと俺は思うことにしている。







ところで野球というスポーツの性格上、ゲームの中で披露される『勝負』場面はバッター対ピッチャーに限定されていたのだが、イチローの強肩が野球の中にもう一つの勝負シーンを作り出すことになった。


それがイチローの
レーザービームだ!




守備でピッチャーを食っちゃうプレイヤーなんてイチローしかいないからw。
スポンサーサイト
テーマ : イチロー    ジャンル : スポーツ

Comments

No title 
同感。
あまりにすごすぎて
「俺も愛知出身なんだぜ」
とか
「鈴木より佐藤の方が多いんだぜ」
とか、つまらんことで対抗したくなる。

ところでイチローって視力は0.4でコンタクトもしてないんだって。
なんでボール見えるんだよ。座頭市かよ。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20090915-543821.html
No title 
>座頭市かよ。
ザトウイチロー


普通0.4ってボール見えないぞ。
まぁ視力検査じゃないので両目で見るから単純な0.4ではないけど。
でも、近眼の場合、影響が大きいのはピッチャーの投げたボールよりも外野手を守っているときの打球の方がデカイ。
アレこそ最初の初動で飛距離を見極めないと追いつけない。

アレ不思議だけど
初めは本当に飛距離がつかめなくてバンザイしちゃったり動けなかったりするけど、やり続けると不思議なもんで誰でも打った瞬間で、飛ぶ距離がだいたい分かるようになるよな。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。