自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の注目はなんと言っても【オンチ映画祭】でしょう!

Category: 自主映画雑感  
自主映画の興業にどうしても付きまとってしまうプライベート感覚ってあるよね。
言い換えれば、普通の映画館に行くというよりも○○さんの家に遊びに行くような感覚といえば良いのか?
この○○さんが知人なら、その空間はかしこまった感覚を排除できて、リラックス(え~、決して気楽に監督をやじれるというそういうわけではありません♪)して作品を見れるが、何も知らない人にとってはそれはそれは緊張感をもたせてしまう敷居の高い場となる。
自主映画の自主興業に行く前にある種の覚悟が必要になるのはこの他人の家にお呼ばれで行ってそこで見せられた作品が酷い時の
いたたまれなさ!

自主映画だって舞台芝居だって自作自演の自主興業というのは最も普遍的なカタチではあるが
にも拘らずどうしてこうも「自主映画」の興業はプライベート感がダダ漏れするのか不思議、不思議。
どんなに未熟な劇団でもあの自主映画の自主興業に見られる不統一さとか拙さ(というより幼稚さ?)はあまり見えたという記憶が無い。
サービスであるか訪問客へのおもてなしであるかは似てて非なるものだけどその境界が明確でないところが自主映画の上映会が「他人の家」に呼ばれて行く感覚になる要因かも?

で、オンチ映画祭。

河野和男のイラストかと思ったよ

mixiで作品募集をかけていたんだけど
この活動は先にもいったように詳細を知らないので
「作品募集ということは審査があるのか?」
と思いつつ、募集要項を読むと
>内容はプロに近い映像や演技のクオリティの高さより、
>素人ならでこそ、自主映画ならでこその
歪んだ魅力を放つ作品

選ばれても嬉しくないような・・・・(笑)。
 
まぁ昔からあるベクトルではあるが陳腐にならなかったのは「オンチ」としたネーミングの上手さ。
本人は真面目に一生懸命歌っているけど歌か詩吟か分からない唸りを上げる奴。
そんな不器用モノにスポットを満遍なく当てようという試みが(良い悪いは別にして)というところだけど
これが「アンチアート」みたいなものだったり、既存のコンペへの反逆の檄文ならば期待しても良いと思うけど。反対にプライベート感丸出しの身内ひいきの言い訳ならば「悲惨な作品を見せ続けられる拷問」の会になる。

結局は見るしかないのだけど、想像するに
シネマ秘宝館やシネマボカンから笑いを取ったようなものか?(←この辺詳細は省きますが要は自主映画の突飛さの究極の作品が集まるところ・・・・笑いに偏ってるけど)
そう思って見たい気になって募集記事を読んだら

・・・・・唖然

大通りで主催者が客と喧嘩しているよ(爆笑!)


10年前なら俺まで一緒になって主催者に文句たれるところだけど
今の俺は
こういうのもいなきゃ面白くない!!!!
というところに価値を置いているので

今は逆に見る気満々!


だいぶ間隔が開いているとはいえ数多くの上映会をしたり行ったりしてきたけど
久しぶりにツワモノを見た!

【ふと思い出した関連ネタ】
この旅館誰か泊まれよwwwwww(ハム速より)


誰か泊まれよ~wwww

どこにもいるんだよ。
主客の境界がとても曖昧な人って。




スポンサーサイト
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

Comments

No title 
ケンカっぱやいヤツってまっすぐで純粋でどうぶつ好きのイイ奴が多いんだい。

>どこにもいるんだよ。
>主客の境界がとても曖昧な人って。

旅館はともあれ、
ペンタ氏はまともじゃないの?
むしろ、文句つけてる奴らが気持ち悪い。
すぐマナーだのルールだのなんだの言いたがる「品格バカ」って感じだな。

そもそも自分を「お客様」と思ってるバカが多すぎるんだよ。
他人は自分にサービスしてくれて当然と思ってる。
「映画祭を他人といっしょに作りあげる」とかいう発想がないんだ。

「いっしょにやろうぜ!」って呼びかけてるペンタ氏に対して「あんたサービス悪い」とか言ってどうすんだよ、なあ?
No title 
>ケンカっぱやいヤツって(中略)イイ奴が多いんだい。
俺の周りではそんな奴おらんなぁ。

>ペンタ氏はまともじゃないの?
あんたの言ってることはもっともだ。
が、主催者としては相手が100%悪くても頭を下げなきゃいけないところがあることを社会人としては知ってなけりゃぁいかんじゃん。
大通りでけんかしたら普通ドン引きだって(w)。

ただ、それは本来プロデューサなりの役割で作家はそんなこと気にせず吠えるのが仕事だからこういう場面が出てくるのは仕方が無いことで(むしろ面白くって良い)。
それにしても映画作ってる奴が一番客商売に向いてないなぁ。

ただ、なんとなくあそこの書き込み者全員顔見知りか?という懸念も無いではない。

>旅館はともあれ、
そういうなよ、俺この旅館のおっさん気に入ったぜ。
自画自賛や誇大広告ばかりが氾濫する中で実際に利用した人の口コミをメディア化しようとした意図を木っ端微塵に!!!

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。