自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法廷画   よもやま話

Category: どうでもいい話  
裁判所内での撮影は法律で禁止されているため、ニュースなどで代わりに使われる法廷画という奴がある。


典型的法廷画

↑絵に描いたような典型的法廷画(俺だけ大ウケ)


普通、事件が起こるとニュースで報道されるのは『事件発生報告』『犯人(容疑者)逮捕』ぐらいまででよほどの大物のときぐらいしか『裁判』まで報道されることは無い。というより裁判までニュースになるということは選ばれた人だと思って間違いない。
しかし、実際報道されるときは裁判所内が原則撮影禁止。なので裁判所側が被告の入廷前の5分間だけ撮影した映像を報道各社がコピーを取って使用する。で、裁判の進行中の模様は法廷画家といわれる人が記憶だけを頼りに書き起こす法廷画を使うのが普通だ。

 
俺の知り合いは裁判所書記官というカチカチの硬い仕事をしていて刑事事件の裁判に出廷することも普通にある。

書記官の場所


とはいっても地方の田舎町なのでそんなにたいそれた事件は無くて刑事事件といっても覚せい剤関係とか賭博関係などの地味な事件が大半だ。
ところが十年ほど前に、全国ニュースでも流れるような大事件(殺人)が起きて担当書記官になった。
それから大分経った時にそいつの家に行ったら、「見てみぃ」といってビデオを見せてくれた。
それは夕方から夜にかけてそいつが担当した裁判報道ニュース映像だった。
『お前この事件の担当やったんかぁ!』
全国に映し出された知り合いの顔。
と、軽く嫉妬。

相当気になってるのか裁判官は正面を向いて毅然としているのに書記官のそいつはちらちらちらちらカメラを見るもんだから不自然極まりなし!
机の上でペンを動かしてるのも写っていたが
「おまえ、開廷前になに書くことあるねん?」
と聞いたら。
「何も書いてへんねん。・・・・いや、他にすること無くて。」
腹抱えて笑った。
でも、そうやってまたオイシイ目にあってるところも可笑しくてさっきより少し強めに嫉妬。

先に書いたように冒頭シーンは裁判所側で撮影したマスターテープを各社がコピーして編集するから元の素材はみんな同じなんだけど実際放送された各テレビ局の映像を見比べると切り取り方(編集)が違っていて面白かった。

で、ニュースではいよいよ裁判の模様を詳しく述べるくだりになると、画面は法廷画に切り替わる。
「あれ?書記官って法廷画ではどうなるんだろう?」
と思いついたら


●のっぺらぼう
のっぺらぼう


●どうでもいい扱い
どうでもいい扱い


●書き込んでるのに嘘(※そいつはメガネをかけてない)
リアルだけど嘘


だった。

書記官ごときに誰も注意を払っていないということが分かった。
少し気が済んだ。



【お断り】今日の記事に使われた法廷画イラストはいずれも知り合いの裁判時のものとは違います。ネット上で実例に近いものを選んだものであってあくまで『例え』です。これらのイラストが実際に使われた事件とはまったく引用として関係はありません
スポンサーサイト

Comments

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。