自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケツたたきコミュ報告(別にここでなくてもいいんだけど)

Category: 俺の活動  
めでたく第一回目の会合が終わりました。
出席者は三名。

◎どんぱちの小原
◎グレート濱田山
◎じゃあくまん


(その他、病欠の知らせ1名www)
グレート濱田山君はマンガコンテとコンテに至るまでのアイデアメモやラフと
自由に勝手に書いたエッセイ風のマンガ&イラスト。

俺はバカ映画のシナリオ一本とずっと前に没にした子供劇団向けのミュージカル芝居の企画書と
まったく関係ない人の自主映画脚本一本。

じゃあくまん 手ぶら(手で乳首を隠すことではない)。
 
グレート濱田山の今回の作品(マンガ絵コンテ)は以前見させてもらった「童貞」ものの行き詰まりを打開するための試行錯誤の苦労と苦悩がにじみ出た未完成作品。
キャラクターのよさとテーマとのマッチングが素直なものでないので苦悩だけが重なっていく感じ。
やはりどちらかを捨てなければならないと感じてるのは本人が一番かも。
面白かったのは、彼の場合マンガの絵コンテの前にさらにラフスケッチみたいなものを書くんだそうだけどそれが均等のサイズの四角いコマが続くのがスタイルだそうだ。
「あ、これは映画の絵コンテ?」
と俺は思った。
自主映画の活動もしているからか(というよりそっちの方が先にやり始めたんだとか)ユニークだった。
「のらくろ(田川水泡)」などの昔のマンガの強弱の無いコマに不満を感じて メリハリつけたり縦やら横やらに伸ばしたりなどしてマンガの文法を変えた話は有名だけどそれを通り越してまた元に戻っていったモノがそこにあって面白かった。
 前回はテーマとは何か?みいたな話はあったがその時は「エピソードやネタの取捨選択の基準」という面があるみたいなことを話したけど、結局その基準は自分で造るモノだけに「じゃ、こんな話はどう?」なんて他人がいうのは愚の骨頂なだけにその辺はいつも立ち入らない。
 と話が行き詰ったところで話題を変えるように広げた彼のエッセイマンガがとても感じがいい。
キャラクター化が成立しちゃって完成度高い というかゴールにこっちの方が近い。

楽そうに描いてるのと楽しそうに描いてるとの違いが出てて
「こっちで描き直そう」とあっさり決定。
「じゃ、今までの苦労はなんだったのか!」
という気持ちもあるが
「世の中には『必要な無駄』というものがある。」
と、暖かい声をかけてやったところで感極まって全員号泣

どんぱちの小原のシナリオは
差別言葉→言葉狩りをテーマにしたバカ映画(のようなギャグ映画)のもの。
方向性と目標がハッキリしているので話はしやすい。
今回は土壇場でぶっ壊しての再構築だったため筋を見せることが優先されケレン味ゼロのシナリオだったけど
そもそもそのケレン味をどうやろうか?が分からない為に相談したかったのでこのコミュの使い方としては多分

正しかったと思う。
とはいえ、「差別語」をギャグとして使ってどん引きされるという実例を知ってその区別を認識することに気づいたことの方が大きい。
ついでにその場で放送禁止用語についてネットで調べてると「えええええ!?」という言葉が放送禁止用語になっているのにびっくり。盛り上がって初期の目的を見失う(掃除してて見つけた本に読みふけるみたいな)。
で、結局この話の場合モロに差別語が対象であることを思うとそのどん引きされることは『覚悟の上でやる!』

と、確信犯になってしまった。つまり「つい」とか「うっかり」という逃げ場が無くなった。
その覚悟の大きさに全員その場で号泣

ついでに俺の没になった企画書。
あまりにも輪郭がおぼろげである為に何も彼らの琴線を揺らすことが出来ず何も話が盛り上がらない。俺も何をしたいか思いつかずさっさとその話を終わらせる。
そのあまりの軽い扱いに俺 一人号泣。

さらに他人のシナリオ・・・・・・。
完成品を見て見ないと分からない 1名。
1ページ目で挫折 1名
最後まで読んでダメ出ししながらその分析というか解剖に夢中になるもの1名。
誰が誰とは言わんがたった三人なのにもう意見が揃わないところが可笑しくて全員号泣。 

この辺でだいたい3時間ぐらい。
じゃあくまん
「僕の映画の話もしたかったんですけど」
「うん、手ぶらじゃ何も出来ないね。」
全員号泣
ってことで彼は復讐を誓う(ハズだ!)。

そうか手ぶらでの居心地の悪さだけでもこのコミュの意味があるんだと他人で気づいた。
ああ、無理して書いてよかったぁ~~~~~。

帰りにせっかく作った目印の旗(というよりケツ叩きコミュのロゴプレート)をテーブルに置き忘れて店員に追いかけられたことで全員号泣。

報告は以上。
一部奇妙な脚色があることをお詫びいたします。

次回は?
スポンサーサイト

Comments

No title 
楽しそうでいいねー。

マスコミの禁止用語ってあくまで内規だから、とつぜん使えたり使えなくなったりするんだよね。
以前は「床屋」「百姓」までがダメと言われてたけど、今は普通に使ってるし。
ネットの情報はたんなる「言葉狩り」に対する感情的な反発でやってるのが多く、わざと古いのや極端なのを持ち出してることがあるから、真に受けるとバカを見る。
No title 
>真に受けるとバカを見る。
いやいや、聞いたら思わずドン引きするようなえげつない差別語を作り出そうとしていたんだよ。必殺技として!
「サリド●イド ピ●モン!」とか・・・。

若い人はピグモ●ンを知らないから没

で、被らないようにというか、なんか思いつくヒントのつもりで見ていて爆笑してしまった。
中には対象が既に存在しないものもあって感無量。
そうかっ! 
帰宅後、この素晴らしい集まりの意義をいかせなかったという悔いが残っていたのですが、「手ぶらでの居心地の悪さ」を感じたことそのものが、僕がここに参加した意義であったのですね。救われました。この経験を次回の復讐戦で形にしたいと思います。
邪悪マン(?) 
>僕がここに参加した意義であったのですね。
俺もあとから気付いたんだよ。

いや~『本当に自分でケツ叩かないと居心地って悪いんだ』と他山の石とさせてもらいました。

ところで君の周りにもう参加したがってる奴いないかい?ちゃんと自分で自分のケツを叩ける奴。



特にかわいい女の子とか・・・・。
そうそう。 
単純に、女子が見てると男子って走るの速くなりますしね。

だからといって手加減はしないから、難しいところですが。

No title 
君らを見てるとさ、

「夏休みの宿題終わってねーよ」
「いっしょに集まって勉強しよーぜ」
「女子いねーのかよ、女子」

って言ってた中2の夏の8月29日くらいを思い出すよな。
思い出すまでも無く 
僕らはそれ以外の何者でもありませんよう

棒が落ちてれば拾う、チャリで何処まで行けるか試してみる。

そんなアウトロー集団ですよ!!

はまだくんへ 
彼の本音はウラヤマシイんだよ





平日はきつい。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。