自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新分類学『自主映画編 ~序章~』

Category: 自主映画雑感  

一体何が面白いんだか!?


先日ダラダラで見ていたテレビでいろいろな鉄道ファン・別名「鉄オタ」達を紹介するコーナーがあった。
全体で何を語っているかさえ分かれば細部に興味は無いので数分でチャンネル変えたが、
MCが一人一人登場するたびに「あなたは何鉄ですか?」と尋ねていた。
電車の写真撮影専門の「撮り鉄」
廃止される特急や路線の最終日を見送る「葬式鉄」
電車の走行音やら駅の発車メロディやアナウンスなどの音の収集にのめり込む「音鉄」
あらゆる路線や列車をとにかく乗り倒す「乗り鉄」
切符や入場券、はたまた駅の案内板や各種小道具などを集める「収集鉄」
などなど。
つまり一言で「鉄オタ」といってもそれぞれによって拘ってる部分が細分化されていて、専門家が進んでいるということと、そのことを彼ら自身が自覚して分類化を行っているということが分かった。
そのことで秩序化と効率的な運営と交流が図られているらしい。
なぜなら好きの対象が異なると時には仲が悪い組み合わせがあるらしく、同じ鉄道ファンだからといって無防備に近づけてはいけないらしい。また反対に細分化されたどこに自分が属するかを示すことは手っ取り早く仲間を見つけるのに有利だ。

これは実はとても大切なことで、彼らはぼんやり「だって好きなんだも~ん。」を卒業して「自分の好きなモノの正確な形は何だ?」を見つめなおして至った場所だからだ。好きなものに徹底的に拘った結果「私とあなたの違うところ」に進んだということだ。鉄オタの歴史のふるさと人口の多さが生み出した人類のもう一つの到達点だろう(笑)。

翻って我が「自主映画」というジャンルは歴史が浅いことと母数自体が少ないために、行動ベクトルは群の崩壊を防ぐ方向に作用する相互扶助の構造を生み出す。しかし、その力が強く働きすぎているがゆえに木に竹を接ぐかのような場面が多く、そのことが結局は腐食の進行を促しているとも言える。
「ああ、あんたも自主映画作ってるんですか!」
とかいってヘラヘラ近づいてこられてもまったく行動や趣味志向のベクトルが違えば話が合うわけもない。結局余計腹立たしくなるかまったく上面だけの会話だけで終わってしまうかの二者択一の不幸しかない。

一般社会から見れば映画を自ら創る行為というのは少しはステイタスが高いところにあるかもしれんが(←そういえるかどうかは不安・・・。)、いい年こいてろくな稼ぎもないくせに映画ごっこに現を抜かしているのは立派な「オタ」でしかない。
まだ俺も含めてそんな自分達を「卑下して自らオタク呼ばわりするほど成熟してはいない」がここではそういう輩をまずひとまとめにして「自主オタ」といおう。
まだ思いつきなんで正確性は低いしちょっと雑で乱暴だが俺が見てきた中では割と説明しやすい分類訳じゃないかと思うのが以下。




鉄オタアイドル 木村裕子
鉄オタアイドル:木村裕子 
自主映画はまだアイドルを持てないほど遅れているのだ!

m9(^Д^)プギャー



 
■プロ志向自主(A)
 産業としての映画制作に携わることを目的に映画を作る群。
 自主制作とはいえ作品製作単価は数十万円から数百万円になる場合が多く、撮影舞台の規模も関わる人数もでかい。作品も同じカメラのはずなのに・・・・。というくらい違うのはなぜ?
コンテストに積極的に出品するが目標はもちろんプロになるためなので「就職活動的」な意味合いが強く、仮に賞金が出ても有名なプロデューサーや監督や映画産業関係者がいないコンテストには出さない。
ただし、筆者の知り合いで有名なコンテストで入賞するような作品を地方の村おこしコンテストみたいなものにまで出してグランプリを取るなどという大人気ないことをした奴がいるぐらいだから絶対とはいえない。
話題はすぐに「お金集め、企画書提案、コネつくり」など芸術というより商売人みたいなことが多いので「純粋君」から見れば「芸術の堕落」に見えている。しかし「自分の金で作るんなら才能いらん!!自分のタメに他人が金を出してくれることこそ才能の根拠!」なんていうから彼らの中では自主映画はステイタスが低い。というより刑務所か地獄のようなイメージらしく早く出たがってばかりいる。中には出自を隠そうとするものまでいたりする。自主映画の分類の中では最も貧乏で生活も不安定。

俺と一番話が合わない層。

■プロ志向自主(B)
産業としての映画制作に携わることを目的に映画を作る群を自称しているが、作品も日常も人格もあらゆる面でまったくイタイ人たちの群。お山の大将でいることが至福のときなので水が低きに流れるように自分がその集団の中でTOPでいられるような構成を求めてダメな方ダメな方に集まってくる。
裏打ちの無いプライドの高さに辟易するが、「映画を撮れる人ってちょっと格好良いし、すっごい大変なことをしてきている人」のように誤解されてることも多いので何も知らない素人さんからはこういう輩でもチヤホヤされるのが俺は腹立たしい!
 見た目はプロ志向自主(A)とまったく違いは分からないが作品は一目瞭然。コンテストに積極的に出してはいるが予備審査も通らない。少しマシでも、地方の辺鄙なコンテストの受賞暦を威張るようだと活動暦の終点は近い。
上を見るより下を見ることが多く他人の駄目出しはするが自作品の愛着は深くその愛情の深さゆえあばたがえくぼになっている。こういう人の作品をけなすことはその人の彼女や嫁さんを貶すに等しいダメージを与えることになるのでどんなに正しくまっとうなことでも絶対に言ってはいけない。大人のマナーです。

■機材自主
カメラ・パソコン・アプリケーションの知識やノウハウに長けていてまたその手の情報にも敏感で
でも興味がやはりそちら向きなせいか、他の作品の話を聞いても機械や撮り方の話ばっかりなのでしばしば評価が真反対になることがある。上手く撮れてれば良い映画、下手なら悪い映画という。でもこれって作家じゃなくて技術者ですよねぇ~。とはいっても他のアート・ジャンルの中で映画がもっとも機械に依存する割合が高いので存在意義は大きい。惜しむらくは作品が作れないか、あっても失敗していないというだけで何も面白く無い場合が多い。もちらん映像をちゃんと撮るというだけでも大変なことは確かなのでこの群が言うことは間違っちゃぁいないけど、感動もしないなぁ。
亜種としてCG系、特殊効果系、は自他共に映像の中の付属物的ポジションに馴染みすぎたせいか衝突する話はあまり聞かないし、第一引く手数多だ!


■飲み自主
撮影や上映会は飲むためのネタ作り。
制作費より飲み代の払いの方が大きい群。人間関係は円滑だが作品の精度が低く向上心は無い。
組内の結束は固めで撮影以外の行事にも仲良く連れ立ったりしているし他の趣味も共用している場合などあったりするが要は仲良しクラブ。特に害は無い。同時に得るものも無い。
正業を持って片手間に携わっている場合が多く、自主オタの中では一番平均収入が高い層。映像以外のことにもちゃんとお金を使って生活している。
仲間を大切にすることを自慢する傾向が強くまたそれが目的ですらあるようだけど、そりゃ単にウマが合ったからだけで、合わなかった奴はとっくにいなくなってるし、合わない奴に合わせようという努力もしない。
ハードルを低く低くするベクトルが強いのは良いんだが、それを見る側に求めるのはいくらなんでもダメすぎると思う(←詳しく書き出す止まらなくなるから書かない!)
大学映画研究部なんかの多くはここに属する場合が多い。


■寄り道自主
本業はお笑いだったりバンドだったり漫画やなんかのパフォーマーだったりと他の分野から映像制作に出張してきている群。カメラにしろPCにしろ工業製品の最大の恩恵は誰にでも高度な技術を簡単に使えるようにしたものの結晶なので他ジャンルからの参入が映像は多い。本業側に達者な人が多いため映像的な撮り方やセオリーがダメダメでも写されてるテクニックや技術に「おおおお!」とか言う場合が少なくない。しかし入り口がそうであるように映画や映像に対する興味は二番目以下なので彼らと映画の話は弾まない。かといって相手のジャンルに足を踏み入れて会話をまわせるようなテクニックも無いしそもそも映画が好きで映画活動しているんだからその手の話をしたいわけで・・・・・。何かの間違いで映画の上映会(←分かって欲しい!)にこの手の人たちが混ざると双方居心地が悪そうな雰囲気が立ち込めて俺は可笑しくなることが有る。


■鑑賞自主
上映会などで作品鑑賞を好んでするタイプ。確かに自主映画なんてレベルの上も下も恐ろしいほどの広がりもあるし作品ベクトルも商業映画よりも多様ではあるし、なんたって通好みの場末の温泉旅館のそこでしか食えない絶品料理みたいなものの発見とかあるのではまると面白い。
これが出来る人というのはもって生まれた忍耐力と許容力の面で才能が必要なのであまり薦められない。
当たりを引くまでの辛さが修行か拷問並の苦痛が強いられる。
さらに普通の商業映画のように多くの人が見ることも無いので仮にものすごい傑作を見たとしても他人とその感動を分かち合えない。たいていが一人ぼっち。
鑑賞マニアになったってな~んにも良いこと無いぜ。


■収集自主
殆ど流通しない自主映画ソフトの収集に血眼になる人。鑑賞自主の亜種。
毎年どっかでひっそりと販売されているのを買い集めるのは並大抵の努力では成し遂げれない。
監督に直に頼み込んでもらったり買ったりするなど活動力は海外のマイナー映画の買い付け業者並みかそれ以上の行動力を必要とする。この活動で大事なのは事前の情報収集力。なんたって自費出版のCD集めみたいなもんだから年間何本何タイトル何枚発売されてるか全貌は誰も分からない。
最近はニコ動やゆうつべなどで見られることも多く収集も楽になったが長編はまだまだ気楽とはいえないし、昔の名作もVHSでしか無い場合も多くそうなると絶滅すらしかねないので彼らのあせりは相当なものだ。
が、せっかく集めたソフトを部屋の見えるところに並べても誰も興味を持ってくれないし話も弾まないしノーマルな人から見れば「危ないビデオを集めてる奴」みたいな誤解(・・そうとも言えない)されることもあるので肩身は狭い。唯一の救いは単価が安い!ということだけ。




えっと、スイマセン。
ちょっと疲れたので一旦ここで終了します。

真面目に書こうとしてたのにまた毒がにじみ出てきてしまった。
だって書いてて面白かったんだもん!

ちょっとこれはまたいつか完成させよう
スポンサーサイト
テーマ : 自主制作    ジャンル : 映画

Comments

No title 
「デート自主」がないよ。

>ただし、筆者の知り合いで有名なコンテストで入賞するような作品を地方の村おこしコンテストみたいなものにまで出してグランプリを取るなどという大人気ないことをした奴がいる

ちがうよ、あれは「招待作品で上映したい」って依頼だったんで送ったら、勝手にコンペにノミネートされてたんだよ。
案の定、そのフェスが翌年開催されることはなかった。
あれには後日談がある。
商業作でメイキングについた若者に「監督、僕あの時のフェスにノミネートされてたんです」って言われた。
穴があったら入りたかった。

>自主映画の分類の中では最も貧乏で生活も不安定。

この層は制作費以外の活動資金が必要なので、ちゃんとした職持つことからはじめる。
自主の時の方が楽だった。
今は金がない。金くれ。
これ 
全部読まなきゃダメ?
全部読んでるのは大親友の俺だけ。 
そういや小原さんって
「掲示板自主」だったな。
毎日 忙しくってやだよぉ~ 
■さとけいへ
>「デート自主」がないよ。
あるある!
次回はナンパ自主としてもう少し大掴みしよう。

>勝手にコンペにノミネートされてたんだよ。
ああ、すまん。
そういうことにしておくことになってたっけ?

>今は金がない。金くれ。
やりたい気持ちは山々なんだけどなぁ。



■練馬の隠居さんへ
>これ
>全部読まなきゃダメ?

あんだと?

ダメ!
全部は有料!


■続・さとけい!
>全部読んでるのは大親友の俺だけ。
有料!有料!

>「掲示板自主」だったな。
そんなものは無い!
No title 
>映画を自ら創る行為というのは少しはステイタスが高い
>ちょっと格好良いし、すっごい大変なことをしてきている人

映画や芸能に思い入れがある人だけでは?
あるいは、寄っていけばおいしい事があるかもと思う痛い人か。

家族親族や利害関係がある者にすれば、ゴルフやギャンブルにのめり込んでお金や時間を捨てているのと同じ、単なる放蕩者に過ぎないのだと思うけど。
石鹸・・・いやいや 石ケンさんへ 
>>映画を自ら創る行為というのは少しはステイタスが高い
>映画や芸能に思い入れがある人だけでは?
俺の勤め先みたいなちょっとブルーカラーっぽい人間が多いところだとその傾向は強いみたい。
何も知らない一般の素人から見れば映画が作れるって「絵が描ける」の次ぐらい難しいと思ってるようだ。でも「楽器が弾ける」ほど羨ましくは無いみたい。
俺もそう思う

>家族親族や利害関係がある者にすれば、
ゴルフののめり込み方は共通言語を持たない日本人同士のコミュニケーションツールとして酒の次に役立ってるようなのでギャンブルよりはマシではないかと。
ギャンブルって依存症のある精神病に直結するからね。

この話にあんたが食いつくとは思いませんでした(w)。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。