自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロンにある見えない二つの線

Category: とても大事な話  
学生の頃、アルバイトで家庭教師をしていたことがあった。
それまでお中元の仕分けやら、輸出品の倉庫の棚卸や新聞配達やで汗や埃まみれになっていろんなものを我慢してやっとこさ友達同士で2拍3日ぐらいの旅行に行けるかどうかだった。
そんなときに中学校のときの恩師より「小原、家庭教師やってみぃひんか?」
中学生の子供だったがさすがに家庭教師を雇おうというだけあってそこそこ小金持ちで、貧乏な俺にとっては非常に効率のいいバイトとして「ああ、こんなに楽な仕事が世の中にあるんやなぁ~~~。」と快楽に浸っていた。

皮がギザギザのメロン

で勉強の合間に母親が毎回お茶やお菓子を出してくれるんだが、ある日メロンが出てきた。
皮がつるつるじゃなくてギザギザの奴。

さっそく上品に先割れしたスプーンを果肉にぐさりと刺して果汁を滴らせながらすくって口に運ぶ。
「ああ、こんなに楽な仕事が世の中にあるんやなぁ~~~。」
と薄く目を閉じて恍惚に浸たりながら半分ほどいただいたときに生徒の坊やが大声を出した。

先生!メロンてそんなところまで食べられるんですか!?
 
一瞬何を言ってるか分からなかったが、すぐに事の重大性に気づいた。
このお坊ちゃんはメロンの種がついていたところ周辺の繊維質部分の一番甘いところだけしか食べてなく、3cmぐらいの厚みを残して食べ終わっていたのだ。そういうお坊ちゃんの目から見たら俺の食べ後は皮の厚み1cmあまりを残すのみ。赤い色はすっかり消えうせ緑色のものだけが残っている状態。

ヤバイと思った俺は
な~んだ、そんなことも知らないのか君は!
ここまで食べられるぜ!食べてごらん!
(←なぜか東京弁)

「知らないのは君の方」作戦を展開して自分のプライドを守ることに成功した。
子供は初体験だったらしく「ホンマや!」と言いつつ食べていた。
そりゃそうだ別に毒でも無生物でもない。食べられるものは食べられるに決まっている。

しかし、母親が皿を下げに来たときに俺はしっかりと見た。
この家族の間で見慣れたメロンとまったく異なった変わり果てた姿のメロンを見て「ぎょ!」と一瞬目が見開いたところを。




この話は以来ずっと俺の持ちネタとなっているが、カミさんはこの話がかなりお気に入りのようで、いまだにメロンを食べるときはこの話を向こうから持ち出す。

とにかく他人とメロンを食べるときには気をつけろ!



メロン線大
↑この青ラインはさらに細分化される。
皮の端をつまんで立てたときに自立できるか否かは
笑い話になるかならないかの瀬戸際になる




スポンサーサイト
テーマ : みんなに知ってもらいたい    ジャンル : 日記

Comments

メロンと私 
今日は時節柄、夏休みの宿題っぽく迫ってみました。

生ハムメロンってあるじゃないですか。

子供の頃、親父に連れられて行ったパーティーにオードブルとしてよく置いてあったんですが、このなんともミスマッチな代物を子供心に奇異に感じていたワケです。
誰かに聞きゃあよかったんですが、なんとなくタイミングを逸したといいますか、そのあまりにシンプルな取り合わせ故か自己完結の道を選んじゃったんですね。

そもそもどうやって食うのだろうか?
メロン味の生ハムを楽しむのか?
それとも生ハム味のメロンを?
まさか一緒に食う?いやいやそれはないな。酢豚に入ったパイナップルくらい気持ち悪いわ。

・・・とか考えながら結局、一度も口に入れることなく三十路過ぎまで生きてしまったある日のこと。
G社のKザマという下賤の者になんとなくこの話題を振ったところ、
なんとこの男、あろうことか「ああ、あれは一緒に食うものなんだよ」などと事も無げにほざくではありませんか。
それも、“取り立てて大した事ではない”というトーンで。
剰え「シャンパンに合うんだよね」などと被せてきやがる。

「Kザマのくせに生意気だ」と思ったことは言うまでもありません。
思い出すたびにムカムカする出来事でした。
練馬の隠居さまへ 
練馬の隠居さまへ
>G社のKザマ
というのがどなたか存じませんが
>取り立てて大した事ではない”というトーン
は最低限の親切です。
それを受け止めてあげるべきです。
私なんか
大声で驚かれたんですから
その傷たるや
20kgぐらい体重が落ちそうでした。


それにしても昭和30年代から40年代、あるいはそれ以前の方々にとってメロンとは心の襞を切り裂く悪魔の実でした。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。