自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡よ、鏡よ、鏡さん、みんなに会わせてくださいな♪

Category: 日常・雑記  
タイトルの呪文は、その昔「ロンパールーム」という子供向け知育番組のエンディングでMCのお姉さんがテレビを見ている子供たちの顔が見られるようにとお願いする魔法の言葉。
うつみ宮土理が押し付けがましく主張の激しい口を広げて画面の中から話しかけていた映像がトラウマとして記憶に刻まれていますが、鏡に映るのは幸せに笑う子供たちばかりとは限りません。
時には目に見えないものやこの世に無いものや写ってはいけないものまで映し出してしまいます。

というわけで、ホラー映画特有の技法で使われる「鏡の中の恐怖」集!




何の自慢にもなりませんけど、タイトルが全部わかる方いらっしゃいますか?

 
映像演出には実用新案や特許が無いらしく、誰かが編み出した表現方法はあっという間にパクられる宿命にあるんだとか。
に、しても多いなぁ。ホラー映画に鏡って。
これだけ行き渡っていると鏡は幽霊とか怪物の枕詞として固定化するんじゃないかとすら思います。
実際、普通の映画でも化粧シーンで鏡とか映ってると「何か後ろから出てくるのではないか?」と自然に身構えてることがあります。
かといって最初から鏡があってはだめです。正しい使い方のポイントは「扉を閉めたり向きを変えたりして鏡が写ったら同時にそこになにやら怪しげなものがいた」というところです。

それにしてもこれほど普遍的に広がってしまったこの技法を一番最初に使ったのは誰なんでしょう?
ホラーというジャンルを超えて映画技法の中で最も使われているテクニックのひとつではないかと思います。
しかし、まったく完全に映画だけの手法かというとそういうわけではなく不確かな記憶だけど「鏡が目に見えないものも映しだす」という発想は大昔から東西問わず怪談の小道具として早くから成立していたようで「鏡に映らない美女」とか「見た目は普通の人なのに鏡に映った姿は骸骨だった」とか、類例には事欠きません。どうも人間は他の動物と違って鏡の写った像を自分と認識できるだけでなく、それ以上のものを見たり感じたりしてしまう認知外の動物のようです。そもそも日本で言えば「古墳時代」に埋葬される副葬品の中に銅鏡といわれる鏡が多く使われています。神秘的なものを映し出すと思われていたのでしょう。鏡は本当の姿を映し出す道具とみなされていたという説がありますが、言葉を裏返せば、これは「肉眼で見るものは嘘である」という前提での話です。鏡の方が信頼されていたということですね(笑)。
そういう意味で恐怖を鏡を使って表すというこの技法は使い古されたというよりは古来から人間が鏡に対して持っている畏怖を素直に使っているというだけなのかもしれません。

映像もメディアとしての側面があるのなら言葉や言語のように映像技法も共用できなければならないという理屈は確かに成り立ちますが、映画産業というエンターテイメント界においては純競争社会だから創作者の権利や名声は保護されなければならないという論理も成り立ってもおかしくはありません。
今回紹介した「鏡の中の恐怖」映像集はこの技法の普遍性の高さが人間の割と根源的な精神構造を現していたことに端を発し、それゆえ共通言語として確立してしまったために「技法」ではなく「道具(ツール)」としての強さの方が実は強いんではないか?と思いました。
映像もメディアであるということを割りと雄弁に語っているような気がしました。


※ところでロンパールームって
アメリカが生みの親で日テレが版権買って国産化した番組だったんだね。
下がその「鏡よ、鏡よ、鏡さん、みんなに会わせてくださいな♪」のオリジナルバージョン。










思わぬ発見にちょっと感動。
スポンサーサイト
テーマ : ホラー映画    ジャンル : 映画

Comments

蛇足だけど 
どんなに怖いメイクや映し方をしても人物にかかっている重力と骨格の存在を感じてしまってどうしても「幽霊」を感じられないんだよなぁ。なんというか生命感が生々しく写っちゃってる気がするんだよなぁ。
へぇ~ 
元ネタがアメリカは知らない人が多いんじゃなかろうか・・・
新津さんへ 
>元ネタがアメリカは知らない人が多いんじゃ
だよね?だよな?
俺も写真とか動画探してたらこういうのが引っかかったんでびっくり。
でもこの話で盛り上がれるのはある程度以上の年齢の方に限られるんで。

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。