自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興福寺東金堂訪問記

Category: 日本史だと!?  
親父の七回忌に実家に帰ったついでに興福寺に寄った。
メジャーすぎるほどメジャーだし、学生時代は家が近いこともあって学校に行くと言って家を出てはここと東大寺の間をいったりきたりしていたので飽きがきてなかなか訪れてはいなかったが、あまり時間が取れないことが幸いして駅からも近く狭い場所に見学ポイントが密集している興福寺におよそ20年ぶりに立ち寄った。

興福寺東金堂と五重塔


今回はこの寺のメインビジュアルの一つとなっている東金堂(とうこんどう)のことを覚え書き程度に。

この建物は室町時代の再建だがその際にデザインを昨年紹介した唐招提寺を参考にしているため真正面からの画像は慣れていないと同じに見える。同じ頃に再建された東大寺が当時の最先端建築方式である天竺様で建てられたのに対して、創建当時のデザインに回帰しようとしたことはラッキーだった。なぜならよく東大寺の南大門で見るように天竺用式とは少ない部材で大型建築を急いで建てる時の手法なので飾り気やけれん味が全くなく、基礎知識無しで天井裏を見上げれば「仮設住宅?」と思ってしまうぐらいつまらないデザインだからだ。

東大寺南大門
ポイントもなく水平と垂直の線でしかできてないでしょ?



とはいってもどちらも建物自体は国宝に指定されている。
ふ~ん。要は好き嫌いだけで俺はモノを言ってるだけだということだ。
 
で、東金堂。
中ももちろん豪華で銅造薬師三尊像(重文)を中心に全部で18体の国宝仏像が置かれている。
が!

そう思ってワクワクして中に入るとがっかりする。
スペースと像の数バランスがおかしい。
大型施設の喫煙室ぐらいの混み具合なのだ。しかも作者も時代もモチーフにも一貫性がなくそれぞれの仏像の配置の仕方も変。
ひどいのになると仏像同士の重なりに隠れて見えないものまでいる始末。あきらかに陳列というより在庫という感じ。

東金堂内部

集めたフィギュアを飾ろうと陳列ケースを買ったけど、あとからどんどん買い増やしてしまった為に、ケースの中がディズニーもガンダムも昭和コレクションもミリタリーも縮尺関係なしで横並びに飾られている状態と例えればいいかもしれない。
昔見たときはそういう感覚はなかったが、久しぶりの仏像群には「あれ?そうだったっけ?」という驚きというか感慨があって面白かった。

こうなった理由は想像が付く。
武士の勃興と藤原氏の衰退により、みるみるうちに寺域が狭くなったため災害や戦災の都度、慌てて残った建物に仏像を放り込んだからだと思う。
昨年見た新薬師寺なんかも典型的な避難型の安置方式だ。
いくら18体もの国宝が一堂に集結している!っと言ったって、実態は芸能人で言えば
個室を与えられるべき大物・大御所が大部屋に入れらている風景だった。

興福寺は明治の廃仏毀釈運動の最中には坊主全員が春日大社の神官に僧籍を無理やりうつされてしまった為に一時的に無人寺となった経歴も持つ。東金堂の隣に立つ相棒の五重塔が売りにだされたものの解体費の方が高くつくので売れ残ったというのも有名な悲劇だが、そういう知識と共に東金堂の中で肩がふれあいそうなくらいの狭さに押し込められた仏像たちを見てると、
仏のくせに人を救うどころか人間に振り回されたり、危うい目にあっったり、それでも捨てられもせずに保管されてたり、たくさんの人にちやほやされているという、あまりにも人間臭さをダダ漏れさせてる可笑しさを感じてしまった。
そこは仏と人間の境界がもっとも解け混ざってしまった光景を閉じ込めたジオラマだったのだ。

今、興福寺では失われたままだった本当の寺の中心建物であるべき中金堂の再建に取り掛かっている。
完成は3年後だということだが、そうなると狭苦しいところに押し込められていた仏像も少しは息のつける空間が与えられるだろうと思う。
人と仏の間には正しい距離感がないといかんと思う。

が、その一方であの超大物たちが大部屋でたむろっているような稀有な世界の貴重さが失われるのも残念な気もする。
スポンサーサイト
テーマ : 神社仏閣    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。