自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミーは彼に何か賞を挙げて欲しい

Category: とても大事な話  
ハリウッドの生み出された数々のヒット作品には必ず彼の姿が確かに刻まれているのだ。
いや紹介された作品に唯一共通していることは「奴が出ている!」ということだ。
このことは純粋に数学的に言えば「ヒット作」には「彼が出ている」ともいえる。
アカデミーは彼に報いよ!





なんてね。
このメタボ男の子についてはさっぱりわかりません!
ただ、まぁよほど映画が好きでエキストラ事務所かなんかに登録して生活はエキストラスケジュール優先で組んでるんじゃないでしょうか?

それにしても彼の映画産業からのモテっぷりってのは驚きですよね。
こんな勉強も運動もできなさそうな上、スタイルの崩れまくって顔も油断しまくったようなだらしなさそうで、まぁ悪いことはしなさそうだけど一緒にいても楽しそうな気がしないし、ましてやものの食べ方なんか相当汚そうな感じがしますが、どうして彼がこんなにモテモテなんでしょうか?
実際、紹介した映像の中で単に人数合わせにいるというよりもっと重要な役割をあてがわれていますよね。
その理由ってわかりますか?

日本でもそういうのっていましたよね!
ほら!
あの!
 
宅八郎ってのが!

宅八郎
(『イカす!おたく天国』太田出版より)


日本の若者の生態の中にあった各種のカテゴリー(ヤンキーとかお坊ちゃんとかガリ勉とか)の中でもっとも歴史が浅いけど繁殖力抜群で一気に日本各地にコロニーを形成したオタクという生物のビジュアルを見事に体現していたあの宅八郎が!

アメリカ人の生態は全然わからないんですが色白でメタボでチリチリパーマで径の大きなメガネをかけてると言えばあれ!
というカテゴリーがきっとあるんですよ!
まぁそれが何かはわからないんですが、彼のような人種がなんと名前付けられてるかに大変興味があります。
だって全国的というより世界的なメディアであるハリウッド映画にこんだけ出てるんですから!

私の中であまり近づきたくない系統に属している彼ですが、この使われっぷりとハマリ具合を見てると「普遍的なもの」としての役割を神から与えられているであろう彼がひたすら羨ましい。








映画がわからんから何言ってるかさっぱりわからんのだが
だいぶ調子に乗ってるんじゃないか?感がにじみ出てて気になる。








私なんかもエキストラの経験ありますがね。

ラストのシーンで主役の真後ろで嬉しそうな顔で写ってるのを完成品で見たときに自分を殺してやりたくなりましたよ。
スポンサーサイト
テーマ : 俳優・男優    ジャンル : 映画

Comments

勘違いしてた。 
彼はエキストラじゃなくて普通の売れない俳優ということか。日本で言うところの大部屋俳優。
それにしてもこの動画を作ったやつもスゲーなー。

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。