自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏というのが一番辛い季節だ

Category: 日常・雑記  
夏と秋の境界

先週、仕事で茨城のド田舎に行った。
今年は残暑が厳しく、日中の気温がなかなか平年まで下がらないため、秋の気配はなかなか感じられなかった時に撮った。

くっそ~、やっぱり今年もなにも残すことができず夏が終わろうとしていやがった!

 
子供の頃からずっと、夏が過ぎ去る時というのは「とてもとても大事なことをやり忘れている」ような焦燥感が湧き上

がってくる嫌な季節だった。
「もう取り返しがつかないんだよ」と体の中から何かがずっとつぶやいてるんだよ。
もう本当にこれが嫌で嫌で、逆らわずにはいられなかった。
時間が止まって欲しい!もっとやりたいことがあったのに!やり残してるのに!
特にキチガイのように遊んでいた少年期はこの焦燥感がひどかった。
帰ったらまた一日進んでしまう。
そう思うと名残惜しくて夕暮れになって手元が見えなくなっても帰りたくなかった。
顔を上げて街に街灯やネオンが光ってるのを見ると本当にがっかりした。
とは言っても具体的にじゃ何をやったら満足して夏が終われたのか?と言われるとそんなものは無かった。
プールにも行った、カブトムシも捕まえた、花火もした、山で遭難した、スズメバチと正面衝突した、好きなアルバムを買った、一度見ただけでどこに住んでるか何歳か何をしてる人かわからないこに熱を上げて市内を自転車で毎日走り回った、走り高跳びで自己記録も出た。
それでも満ち足りることなんかなかった。ただただ「もっともっと」と湧き上がるのだ。
で尽き果てることのない欲望とエネルギーに付き合いきれないのでケリをつけるのが夏の終わりだった。

今でもその思いは強い。
もちろんデスクワークの仕事では着る服の分厚さが変わるぐらいでそれ以外に季節はなく同じような繰り返しなのにまだ焦燥感があるのだ。

今ではもちろん子供の頃のような夢もエネルギーも無い。毎日同じ仕事をしている中で特に夏だからといって特別な用事があるわけがない。むしろあのやり残した焦燥感を最初から感じないようにしようという姑息な考えでなるべく季節を感じないようにしているように。

でも見つけちゃうんだよなぁ。

夕景
スポンサーサイト

Comments

Trackbacks

先週、仕事で茨城のド田舎に行った。今年は残暑が厳しく、日中の気温がなかなか平年まで下がらないため、

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。