自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都民は毎回選挙が楽しそうでいいなぁ

Category: 日常・雑記  
マスコミの投票動向調査のアンケートで
投票にいく動機・理由の選択肢に

「罰を与えてやるため」
という項目が無いことがちょくちょくあるので、そのたびに
「本気で選挙のことを知ろうという気があるのかいな(笑)」と思う。


東京都民は毎回選挙が楽しそうでいいなぁ


民主党が躍進したのも民主党が没落したのも投票率のアップが背景にあったがその動機のほとんどが「自民党に罰を与えてやる!」「民主党に罰を与えてやる!」であり、事実それが可能だったからだ。
選挙に行かない動機で最も多い「行っても行かなくても何も変わらないから」というのはちょうどその裏返しになっている。
大体国民全体のどいつもこいつもが中道でそれほど価値観がバラけず、しかも徹底的な破壊を極端に避けて2000年の歴史を築いてきた日本人が行うんだから、それこそ政治家なんて誰がなっても「だいたい中道」なのだ(あの社民党でさえ政権取ったときはもう!)。
だから「誰に入れても同じ」というのが本来の日本の風景なのだ。
 
今回は参議院のねじれの解消を図るのが自民党の選挙目標であるが、その前の衆議院選挙で大勝利を得た時点で国民の溜飲は下がってしまったのでさほど選挙に行こうという動機付けは失われてしまった。
とはいえ、せっかくの投票用紙。
「一般庶民の身でありながら国の政治の唯一関われる切符」をもらえたことの意味を思うと上のようなことに任せていてはやがて「興味のない人には参政権を与えない」とか言われそうなので、いつかまた罰を与えたくなった時に使えるようここは「参加することに意義」を覚えてあすクソ熱い中学校の体育館に出かけよう。

◎こぼれ話:「小学生以上のお子様の投票所への入場はご遠慮下さい。」
杉並区は投票所への子供の入場を制限しているんだそうだ。

その理由が
文字を読めるようになったばかりのお子様は、両親が投票用紙に書いている名前を大声で読み上げてしまうから  なんだそうだ。

時には余所の人の投票用紙まで読んじゃう強者もいるんだそうで(笑)。

スポンサーサイト
テーマ : 選挙    ジャンル : 政治・経済

Comments

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。