自主映画まみれ!

自主映画(特に個人映画)という特殊で奇妙でへんてこりんでとてつもなく面白い世界の紹介や批評や悪口や日々のくだらないどうでもいいことを脈絡無くつづったブログ。ただいまブログだと怖いけど会ってみたら割といい人じゃん♪キャンペーン実施中(落とし所不明)

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作費5億円の自主映画!

Category: 自主映画雑感  
しかも世界40カ国以上で上映 興行収入180億円以上の予定だったというから豪気だ。
その名もブレイズ・オブ・サン




全編自分の格好よさを押し出した究極の自己満足映画!(見てないけどw)
これって自主映画の一番理想の形じゃないでしょうかぁああ!

越えてはいけない一線を軽く飛び越した自主映画の監督・脚本・主演だったユニバG イエァ! でお馴染みの大神源太に懲役18年!の二審判決が一昨日出ました(控訴棄却)。
懲役18年は殺人並みの懲役ですがな。

話は変わるけど
 
昔、広告代理店勤務してたとき、実用新案をとった自社製品「VHSのビデオ専用の郵送用ケース」の営業で小さな会社をいろいろ回ったが、けっこう『映画を作る』ことを目標とか夢とかで語る社長が多かった。
いわれるまでも無く映画産業は苦しくよほどのヒット作品で無い限り殆どは公開しても費用回収すらままならないことが大半で、新規参入のリスクはとてつもなく高いのは誰でも知っていることだけど、彼らの目的は利益のためではなく、社会貢献だったり自社宣伝(あるいは自分の思想波及)だったり、ステイタスを求めてというのが殆どだったことに驚いたことがある。

特に風俗産業方面にその要求が強かったことは今でも印象に残っている。
「金は手に入れた。次は名誉がほしい!」
あっけらかんに言えばそういう成り上がり者に付きまとう普通の欲求でしかないのだけど、その方法に『映画』というものが強い目標となっていることに映画が持つ別の魅力に気づかされた。
「一流になった証として作られる映画」というまったくそれまで聞いたことの無かった映画(を作ること)の魅力。

その後、広告業から離れているし、また映画産業自体にそれほど興味が無いことも有ってその後のそういう人たちの動向は知らないがやはり実現させることは難しく殆どは本業に精を出していることだとは思うが、思い出してみると逆にそういうアプローチで製作した会社ってどっかにあるんだろうか?と気になった。で、その人にはそれなりの結果は得られたのだろうか?

また反対に映画産業には今そういう求められ方があることを知っているのだろうか?
で、その夢をかなえて上げられるシステムはあるんだろうか?
それともそういう夢は叶えられないと分かりきっている分野なんだろうか?

そもそも映画にはそれほどの夢とか価値とかがある存在なんだろうか?
と、まぁ取り留めなく書き終えたら忘れてしまうであろう程度の軽い感慨をちょっと記録しておく。
スポンサーサイト

Comments

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

どんぱちの小原です♪

Author:どんぱちの小原です♪
映像草野球トイウ冠ヲツケテ~どんぱちプロダクショント名乗ッテマース。ソシテぇ自分デ映画作ッタリィ、自分デ上映シタリィ、出演シタリィ、他ノ上映会二行ッタリ感想書イタリ悪口言ッタリ アリトアラユル方向カラ自主映画ヲ見テイマ~ス。
自主映画デサエアレバ傑作モ駄作モ大好ゥキデ~ス。

ダカラァ
商業映画ハ嫌イデェス!

FC2カウンター
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。